男が知っておくべき…「女にモテない職業」について
1455 ❤

男は「仕事」…
これは、それほど間違ってはいません。

やはり女性はしっかりと仕事をしている男性を好みます。
しかし、必ずしも仕事をしているからといって、モテるわけではありません。

中には「女にモテない職業」もあったりするのです。




Sponsored Links


「女にモテない職業」について


3192

 

一流企業に入っただけで、自分がスゴイ人だと勘違いする

ブランド力は大きな武器になるが、背景にあるものが大きいだけなのに、それを自分だけの実力と勘違いしてはいけません。

就職活動で狭き門を勝ち抜いたのは素晴らしいのですが、いくらエリートと呼ばれる道を歩いていても、勘違い男にはそれなりの女性しか寄ってきません。
プランド力を自負する職業の人ほど謙虚でありたいものですね。

 

転勤が多い会社に勤めている

好きで選んだ仕事が転勤が多い人には、耳の痛い意見でしょう。
しかし実際、転勤とともに別れを切り出される男性は世の中に少なくありません。

遠距離恋愛になりがちな職業の人は、マメに彼女とのコミュニケーションを取るように心がましょう。
それでもダメになった場合は、心機一転、転勤先で彼女を見つけるのも手です。

転勤先で交際をスタートし、本社に戻るのをきっかけに結婚するというケースもあります。
また地球上どこに行っても、相手を自分のところに呼び寄せるぐらいの覚悟がある男性のほうが、結婚適齢期の女性には好まれます。

 

忙しすぎる職業

これも、バリバリ働くことに生きがいを感じる男性にはつらい意見です。
しかしこれもまた現実ですね。

女性は生活の時間帯や休日が合わないと、次第に心が離れてしまうのではないかと心配になります。
また、忙しいだけなのに浮気していると疑われてフラれるケースもあります。

特に、女性が定時に終わるような仕事に就いていると、心の距離ができやすいのです。
マメに連絡を取るか、もしくは同じように精力的に仕事をしている女性を選ぶと良いでしょう。

また、一人暮らしをするなどして、一人暮らしをするなどして、深夜にいつでも会えるような状況をつくるといった方法もあります。
この方法で忙しい時の恋愛危機を切り抜けた男性は少なくないはずです。




Sponsored Links


自分の価値を職業だけで決めつけてはいけない


3193
職業、肩書きにこだわらない女性も多いですが、やはり男としては「肩書き」も「収入」も多いほうが、恋愛だけでなく人生を楽しむ意味でも、選択肢が広がることは事実です。
ここで大切なことをひとつ…

学生時代に一度や二度受けた面接の結果で、自分の人生を決めつけてはいけないということです。
ましてや自分の人生を三流、四流と決めつけることもありません。

なぜなら仕事や職業、収入は自分の決断と努力次第でステップアップできるからです。
また、魅力ある男性の価値は仕事だけでは決まりません。

オフタイムに信頼し合える仲間や家族、友人と心豊かに前向きに人生を楽しむことを忘れてはならないのです。
たったそれだけで揺るぎない「人生」を歩むこともできるのです。

人生において本当に大切なことの半分はこの「利害関係のないオフタイム」の中にあるのです。
したがって仕事の肩書き、収入だけを追い求め、それを取り去ったら何も残らないような寂しい人生を歩まないでほしいと思います。

つまりONの時間とOFFの時間、その両方をベストに生きることです。
そのことが「ビジネス界での実力」と「人間的な魅力」の両方が磨かれ、光り輝き、バランスの取れた魅力的な男となれるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る