こんな言葉で彼女が引く…男が言ってはいけないセリフとは?
463 ❤

彼女と一緒に話をするとき、男性は有頂天でも、彼女の方が引いている…
そんなケースが多々見られます。

そんな時、彼女が引くのは男性の言葉(セリフ)だったするのです。
さて、あなたは知っていますか?
こんな言葉で彼女が引く…男が言ってはいけないセリフについて。




Sponsored Links


こんな言葉で彼女が引く…男が言ってはいけないセリフとは?


3127

 

「お前がいなかったら死ぬ」

このような言葉を言う男性は、一生懸命になれる仕事も趣味もないということだから、男としての魅力のなさを露呈しているのと同じことになります。

生きがいが彼女だけ…
というのは女性に非常に重荷になるからです。

そんな男性に彼女が引くこと請け合いです。
また「死」という言葉自体がとても不吉なので、口にしないほうが賢明でしょう。

 

名前を間違われた

名前はその人の基本となるアイデンティティです。
その名前を間違うということは、彼女に対してさほど熱い気持ちがないという意味にとられても仕方がありません。
男性も彼女に名前を間違われたら、どんな想いがするかわかるかと思います。

 

前に「好きだ」と言ってくれたのに覚えていない

女性は男性に言われた心地よいセリフを、長く覚えているものです。
対して、男性は自分の発言を忘れがち…
彼女が大切に覚えている言葉は、たとえ忘れていても、覚えているフリをしてあげましょう。
それが男のやさしさなのです。

 

オレがいなかったらダメなくせに

相手の人格や考えを決めつけてしまう言葉はよくありません。
言われたほうは不快になり、「私の何を知ってるわけ?」と反発心を持ってしまうでしょう。

こういう言葉を言う人は自分に自信がなく、上に立った発言で相手を服従させようとする傾向にあります。
そんなことをしても女性はついてこないので、態度を改めるべきだといえますね。

同様に、「オレから離れられないと思うよ」、「オレ以外の男でお前のことを相手にするヤツなんていない」もダメです。
必ずと言っていいほど、彼女はあなたに引いています。

 

オレの女神だから…

歌の歌詞やドラマのセリフなら「女神」もアリでしょう。
でも、現実の男女関係で「女神」と言われても、女性はいまひとつピンとこないものです。

逆に、オタクっぽいイメージを持たれることもあるほどです。
彼女をほめたいなら、もっとシンプルで分かりやすい言葉を選ぶことを心がけましょう。

 

オレのこと、あんまり好きじゃないでしょ?

これも悪い決めつけのパターンの一つです。
彼女の気持ちが分からないから、こういうセリフを言って彼女の気持ちを確かめようとするのです。

これはとても女々しいと思われます。
男なら、「オレのこと、好きだろう?」くらいの強気のセリフを言ってほしいと女性は考えるでしょうし、女性はそれを望んでいるのです。

 

一緒に小料理店をやろう

彼女の将来の夢や希望も聞かないで、自分の夢につき合ってほしいというのは、とても一方的です。
わがままで自己中心的なタイプと思われ、別れを切り出されても仕方がありません。

 

図書館で本を読んでいるときに顔は知っているけど

話をしたことがない人から「その作家がお好きなんですか?」…
知らない人にいきなり背後から声をかけられたら、誰でもビックリしてしまいます。

話をしたいのなら、「あのう」、「突然スイマセン」と声をかけるべきです。
意外と女性がビックリするような声のかけ方をする男性も多く、彼女が引くのも当然なのです。




Sponsored Links


この言葉なら彼女が引くことはない!?


3126
「決めゼリフ」そして「口説き」…
これには、それぞれ得意な言い回しやパターンがあるでしょう。

比較的長い言葉で、和歌を詠むように口説くのがしっくりくる人もいれば、単語のように短い言葉で思いを打ち明けるのを得意とする人もいます。
両方とも使い分けられる人は少ないかと思います。

ですので、まずは自分がどっち派なのかを自覚することが大切なのです。
不得意な口説きパターンに固執していると、どんなに練習してもうまくいきません。

しかし、どちらのパターンでも必ず伝えるべき2つの言葉があるのです。
それは「好きだ」という事実と「彼女になってくれたら幸せにする」という未来への誓いです。

後はどこで言うかにかかっています…
言いづらい場所で無理に告白しようとすると必ずぎごちなくなります。
切り出しやすい場所をきちんと決めておけば、言葉は流れるように出てくるでしょう。

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る