女性を口説くなら大胆なやり方が成功するらしい件
735 ❤

好きな女性を口説き落としたいと考えている男性はたくさんいます。
しかし、皆さんはどのような口説き方をしているのでしょうか?

ここでは「女性を口説くなら大胆なやり方が成功するらしい件」と題して、女性を口説く際に大胆なやり方をいくつかご紹介しておきたいと思います。


女性を口説くなら時には父親のように…



淋しい環境に育った女性は、必ずファザーコンプレックスをもっていることが多いもの…
早くに両親のどちらかを亡くしている女性、あるいは両親が離婚して、カギっ子で育った女性、地方から出てきて一人で生活を続けている女
性などなど…

こうした環境にいる女性は、家族の温かさが乏しかっただけに、家庭的な雰囲気に憧れをもっているものです。
それだけに、やさしく育む母親的な叱り方と、一人前として巣立てるように厳しく叱る父親的な態度に飢えているともいえます。

このような女性に対しては、思いきって、父親的なパフォーマンスを演じてみると、意外な好結果が出るものです。




Sponsored Links


女性を口説くなら時には口に出してみる…



例えば「キミを抱きたい」…
突然、こういう言葉を口に出してみることです。

インテリとは行動を起こす前に、その結果を考えてしまう人間のことで、愛の告白など、とてつもなく難しい行為だと考えこんでしまうのです。
しかし成功するかしないかは二の次として、まず口に出してみましょう。
その反応で、彼女の意中が読み取れるからです。

「バカ!」とその女性に言われたらまずは大成功。
「そんな…無理言って…」と言われても、大成功。

ただし、完全否定や、「誰かと間違えてるんじゃないの?」みたいな反応のときは大失敗と判断しましょう。
これは、食事に誘うだけ損…
こうした心の中を読み取るためにも、なるべく大胆な言葉で、反応を試してみるのも一手なのです。




Sponsored Links


女性を口説くのに「押し」てばかりではいけない



「女には押しが大事!」だからといって、一押し二押し三に押し…
とばかりに猪突猛進するのは間違いです。

セールスでも、家庭の主婦を口説くのに、毎日毎日通いつづける人がいます。
もちろん悪いことではありませんが、いかにも下手な手法と言えるでしょう。

押しというのは、垂直方向に突き進むことではなく、「好きだ」という感情を与えつづけることにより、相手を圧迫することなのです。

セールスでも同じで、隣の奥さんに売るより、こちらの奥さんにこそ買っていただきたい…
という好意を前面に押し出して通うことが大切なのです。
これはエッジの効いたビジネスマンであれば会得しておかなければならない方法ですね。

プレゼントを毎週、あるいは毎月送るというのは、好意の押しなのです。
プレゼントでなくても、メールでもいいし、電話でも良いのです。
「好きだ」という心を、繰り返し繰り返し与えつづければ、どんな女性でも、何かしら感情を波立たせるものなのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る