こんな工夫をすれば彼女を感動させるプレゼントができる?!
182 ❤

女性にプレゼントするのは昔も今も変わりません。
しかし昔より格段に経済力 あるいまの女性たちに、モノ 効果的に贈るためには、ひと工夫もふた工夫も必要です
特に知っておかなくてはならないのは、彼女たちがいま欲しがっているモノは、「必需品」ではなく「必欲品」だということです。

必需品は生活に不可欠なモノで、いくらあっても困ることはありません。
しかし、いまどき、そんなモノをあげても喜んではくれないのです。

特に若い女性は、結婚に際しても、テレビはいらないけどペットは欲しい、ベッドは必要ないかわりに、大きなソファがほしいなどというようなことを平気でいいます。
こういう人に対しては、ただ単に高い商品を贈っても無意味でしょう。

そこで、そういった彼女たちに向けた贈り物の実例をいくつかあげてみましょう。




Sponsored Links


こんな工夫をすれば彼女を感動させるプレゼントができる?!



では、ここから「こんな工夫をすれば彼女を感動させるプレゼントができる?!」…
というものを幾つかご紹介してみましょう。

 

夢を贈る

これは例えばバラの花を一年間、彼女に毎日届けてみるというものです…
もちろん、同じものではなく、さまざまな種類のバラを贈り続けるのが良いでしょう。

そうすることで、女性を夢見心地にさせるのに効果的です。
バリエーションはいろいろ考えられるでしょう。
たとえば毎月、彼女にワインを1本ずつ贈るとか、本や絵を送るとか…

贈るモノもしゃれてなくてはいけませんが、この方法の強みは、継続することで自分の心も贈り、女性の気持ちをこちらに引きよせることができる点です。

 

突然を贈る

贈るものは指輪です。
モノ自体に意外性はありません。

独身男性が結婚相手にアプローチするときに、よく使うモノです。
首尾よく受けとってくれれば、OKの印ですから、なんとか受けとってもらいたいと男性は思います。

そこで例えば映画館の暗闇の中で、それを彼女の指にはめてあげたのです。
また、このバリエーションとして次のような方法もあります。

たとえば女性とケンカ別れしたとしましょう。
そして久しぶりに電話で「食事をしよう」と誘います。

女性が応じると、レンタルのベンツで彼女のマンションまで迎えに行くのです
これでいっぺんに彼女の心をつかめるかもしれません。

女性がモノに弱いというのは、こういう特別なかたちで提示されるモノに対してなのです。
プレゼントに突然や不意に…
というオプションが付くことで、そのプレゼントに何倍もの意味を持たせるのです。

 

馬を射よの応用

将を射んと欲すれば先ず馬を射よ…
という言葉がありますね。
これは将を射ようと思うなら先ず馬を射よということです。

総じて相手を屈服させたり、自分の意に従わせるようにするためには、まずその人が頼みとしている者から攻め落としていくと良い…
というたとえです。

もし、あなたがオペラのチケットを、お目当ての女性とその母親の二人に贈ったとします。
すると、余程オペラが嫌いでなければ、彼女の母親はあなたに好感を持つことでしょう。

相手の身内に好感を持った味方がいてくれるくらい強いことはありません。
特に女の場合、母親を籠絡(ろうらく)するのはきわめて効果的です。

以上はほんの一例ですが、これらの方法に共通する点を分析してみれば、女性にモノを贈るということは、たんに「物質」を贈ることではないという意味がおわかりいただけるかと思います。
女性はたしかに物質主義で、モノにこだわります。

しかし、プレゼントはそれを媒体にして、心が通うようなモノでなければ意味がありません。
それからもう一つは、快く受けとってもらえるものでなければなりません。

こう考えると、いま述べた三つのケースそれぞれに、女性の心をひらく贈りもののコツが隠されています。
では実際にどうやるか、それはあなた自身でじっくり考えてみてください。

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る