男なら知っておきたい女性とデートする時のちょっとしたコツ
472 ❤

女性とのデートは楽しいものです。
でも、相手の女性が楽しんでくれた方がもっと楽しいですよね?

デートは2人が楽しんでいい想い出になることが理想です。
そこで、ここでは男なら知っておきたい…
女性とデートする時のちょっとしたコツについてお話しましょう。


女性とデートする時のちょっとしたコツその➀



デートに遅れたとします。
「いやあ、申し訳ない。電車が遅れちゃって…」と。

一度ならいいでしょうが、毎回「申し訳ない」、「ごめん悪かった」という言葉を口にするような男性は女性から好まれないものです。
女性は男性に対して、表面こそやさしさを求めますが、中身は強くあってほしいと思っています。

それだけに、すぐ謝る男は、情けなくなってしまうのです。
謝るくらいなら、十分早く来るつもりになればいいのですから。

また約束の時間に遅れるのだったら、花束でもいいからプレゼントを買って行くことをおすすめします。
そうすれば遅れた理由がつくからです。

逆に、女性側が何回か遅れて謝る立場に立ったときは、毅然とした態度で臨むこと…
男女の間では、心理的に上に立った方が勝ち…
ということも覚えておくと良いでしょう。




Sponsored Links


女性とデートする時のちょっとしたコツその➁



女性は見知らぬ場所では大胆になりますが、職場や自宅近辺では極端に臆病になりがちです。
それを知らない男性は、最後の最後まで肩や腰を抱こうとして、女性から嫌がられるのです。

女性は自分が噂好きであることを知っているだけに、噂の怖さもよく知っています。
その噂は徐々に尾ひれがついて、いつの間にか巨大な影となって自分に返ってくるとわかっているのです。

男性と一緒にいただけで、男性と一緒に腕を組んでいた…
そこから発展して男性とキスを交わしていた…
それも深夜に酒に酔っぱらっていたようだ…
なんてはしたない娘だろうという形になってはね返ってくるのです。

ですので自宅近くまで送っていいかどうかを、女性によく確かめた方がいいでしょう。
これも女性とデートする時のちょっとしたコツなのです。




Sponsored Links


女性とデートする時のちょっとしたコツその➂



雨の日は憂鬱なものです。
ただ、この季節こそ、女心を崩すチャンスと心得てください。

女性は雨と恋を結びつけたがるものだからです。
小雨なら共に濡れて歩きたい、突然の雨なら一緒の傘に入りたい…
いずれにしても、実は雨は女性の心を揺さぶるものなのです。

これは女性というものは、雨に打たれる子猫に自分をたとえるからだ…
という説があります。
可哀想な子猫なら、暖めてやることが必要です。
濡れて震えていれ抱きしめてやるのが当然でしょう。

こういうロマンチックな想像をするだけに、車が走り回り、泥をかけられる道路では、夢が破れてしまうことがおわかりでしょう。
よりいっそうロマンチックな雰囲気を高めるためには、雨にふさわしいデート場所が重要です。

また女性が雨が好きな理由に「夜目 遠目傘(笠)のうち」という諺(ことわざ)があります。
夜見る女性遠くを歩いている女性、傘をさして顔の隠れている女性は美しく見えるということなのですが、それだけ雨の日は女性を褒めるということを忘れてはなりません。
意外と雨の日にデートするのも、2人の関係を良くするちょっとしたコツだったりするのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る