好きな人を落とす会話力…趣味の話が結果を出す!?
444 ❤

狙った女性ができたら、まず趣味は聞いておきましょう。

そして、聞いたら聞いたままで会話終了・・・。ではダメですよ。

そこで会話力が物言います。

女性は趣味が合ったり、趣味を認めてくれる人には心を開くでしょう。




Sponsored Links


好きな人を落とす会話力…趣味の話が結果を出す!?


趣味を聞いたら、彼女が「お料理」と答えたとしましょう。
「なるほど、料理か」とそこでうなずいて終わってしまっては何にもなりません。
料理には二種類あり、つくる料理と食べる料理に分かれるからです。
「つくる料理派」は家庭型であり、「食べる料理派」は冒険型です。

どちらのタイプなのかがわからないで、女を口説くことはできません。
かりに彼女が「つくる料理派」であれば、ただちにあなたも家庭型に変身しなければならないからです。

このとき、まっさきに興味しんしんという顔で、「どんな料理が好き?」と聞き、彼女が答えた料理がどんな種類のものであっても、「食べたい!」と反応するのです。

もうここで、彼女の心の中に1分前と違った感情が起こったことがわかるでしょうか?

少なくとも自分が好んでつくるものに興味を持ち、それを見るだけでなく、味わってくれるとなれば、”好意”という感情が起こって当然です。

反対に、彼女が「食べる料理派」だとすれば、これも第一の質問は、「どんな料理が好き?」以外にありません。
そこで彼女の口から出た料理がどんなものでも、「おれもだ!」と反応するのです。
そしてすばやく冒険型に変身するのです。

モテない男ほど、「イタリアンよりやっぱりフレンチだな」などと、くだらないこだわりを示して、最初から食い違ってしまうのです。

これこそ、世の中を見ていない若い男が陥りがちな落とし穴。
だから中年の男に彼女をさらわれてしまうのです。

ともかく家庭型か冒険型かを知り、さらに何が好きか、という情報を得たら、男としてやるべきことは次の三つです。
①自分はまったく同じ趣味であると伝える
②その趣味を互いに広げていく
③できるだけ関連情報を知らせる

このことは、女性にとってメリットとなります。
恋愛という面倒な関係にならずに、自分に尽くしてくれる男を得るのですから、手離すわけはありません。

ここで男として知っておくべきは、男と女の関係を深めるには三つの道がある点です。
①最初から恋愛関係になる
②最初は友人としてのちに恋愛関係になる
③最初から最後まで友人関係以上にはならない

誰でも期待するのは①の道です。
これなら手っとり早く、失敗もないだけに最高です。

とはいえ,こういうチャンスはめったにありません。
一生に一回か二回あれば、いいほうでしょう。

反対に③の道だけは避けなければなりません。
金と時間を浪費するだけでなく、気も使って収穫がゼロでは元も子もないでしょう。

ところが案外とこれが多いのです。
気がいいというか弱いというか、ムダ金を使って「ま、仕方ないか」で終わらせているのです。

一般的には②の道がふつうです。
女に利を与えなければ、友人にもなれません。
まして恋人や、恋人の座を狙うライバルがいるかなど知れたものではありませんし、すぐに恋愛関係になろうとするのはムリ
な話です。
あわてず「恋人の下、友人の上」を狙うくらいでちょうどいいでしょう。

そのためには、趣味の枠を一致させることが必要になるのです。

もちろん、料理でなくてもいいのです。
音楽でも映画でもかまいません。
大枠で最初に一致させないと、デートのテーマがなくなってしまいます。

大切なのは、同類項に思わせること。
しかも、あとからではなく、最初から同類項になるために、分類法で彼女の趣味の方向を知るべきです。
最初からダラダラした会話をするようでは、攻略はまず不可能と考えておきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る