会社の人とは行きたくない…そんな「合コンの断り方」
203 ❤

合コン…毎日のように行きたい!と思う人もいるでしょう。
しかし、そんな人でも一緒に参加するメンバーがあまり楽しいメンバーでなければ、その気持ちもちょっと薄れてしまうかもしれませんね。

たとえば合コンは行きたいけど、会社の人とは行きたくない…
そんな人もいるでしょう。
そこで、ここではそんな合コンの断り方についてご紹介したいと思います。


合コンの断り方「体調不良」



合コンは嫌いじゃないけれど、会社の人とは行きたくないという人も多いですよね。
仲の良い同僚であればともかくとして、特別仲の良いわけではない相手とは行きたいと思わないものです。

しかし、断るのもなかなか大変なもので、どのようにして断れば良いのか悩んでしまうということもありがちです。
そのような時にはありがちな方法ではありますが、体調不良を理由にして断ってみるのも良いでしょう。

仕事終わりに合コンが開催されるというのであれば、暗に仕事中から体調が悪いということを公言しておけば断りやすくもなります。
逆に仕事中かは元気だったのに突然体調が悪くなったといいだしても、一緒に行きたくないのかということで角が立ってしまいますから、上手いこと体調不良を装うことが大切です。

休日などの場合には、直接そのような小細工も必要ありませんから行きたくないときは体調を理由に断ってみましょう。




Sponsored Links


合コンの断り方「残業が…」



合コンには行きたいけれども残業があって行くことができないと言った断り方は、断るのにはとても便利な方法となっています。
仕事の都合では仕方がないということで断りやすいのですが、問題としては部署が同じだったりする場合には残業が嘘だとバレてしまいやすいということです。

また、日常的に残業が多い会社であれば自然に断ることができますが、残業を認めていない会社などの場合にはこの良い訳は通用しませんから、どこでも誰でも利用ができるというわけではありません。

更に仮にそのときは上手くごまかせたとしても、同じ会社で働いていればあとになってどこかで嘘を言ったことがバレてしまうということもありますから厄介なものです。
そのため、残業を理由に断るのであれば完全に誤魔化すことができるという状況でなければ、避けたほうが良いので安易に使うのはやめたほうがよいでしょう。




Sponsored Links


合コンの断り方「先約があって…」



行く約束をしてしまってからでは断りにくくなってしまうので、合コンの誘いだとわかった時点で先約があるといって断るのが良いでしょう。
わざわざ先約があるのに無理矢理誘ってくる人もいませんから、無難に断るのであればこの方法が一番です。

気をつける必要があるのは先約があるといって断っているわけですから、実は何もなかったということがバレないように振る舞う必要があります。
合コンに行かなくてすむ開放感から先約など関係のない行動を取っていては、先約というのは何だったのかということになってしまうので、その日はおとなしくしているようにしましょう。

あるいは本当に別の約束を作ってしまうというのも一つの方法であり、後になって既成事実を作っておけば何かあったときにも悪い印象を与えることがありませんから、後から先約を作ってしまうというのも手です。

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る