彼女から手編みのセーターやマフラーのプレゼントってどうしてる?
250 ❤

彼女から手編みのセーターやマフラーなどのプレゼントをもらった…
男性にとって、それは嬉しいことです。

ただ、それを一体どれくらいの男性が着用しているでしょうか…
特にすでに別れてしまった過去の彼女からもらった手編みのセーターやマフラーなどのプレゼントだとするなら…
扱いに困ってしまいますよね?

ここでは「女から手編みのセーターやマフラーのプレゼントってどうしてる?」…
と題して、3つの策をご紹介したいと思います。


手編みのプレゼントを大事に保管する



彼女から貰った手編みのセーターや手編みのマフラーは、普段使用するには周りの目が気になってしまうものであり、かと言って捨てるわけにも行きませんから扱いに困ってしまったりするものです。
そのため、とりあえず大事に保管をしてみるというのが良いのではないでしょうか。

何かあった時にすぐに着ることができるようにしておいて、着ていることをアピールすることができる場があったときにだけ使うようにしていれば、作ってくれた彼女に対しても申し訳がたつので悪い方法ではありません。
あるいは単純にせっかく貰ったものだからと着るのが惜しいという場合にも大事に保管をしておいて、記念にしてみるというのもひとつの方法となります。

使わなければ意味が無いように思うかもしれませんが、せっかく作ってもらったものだからこそ記念にいつまでも残しておきたいというのはおかしな話ではありません。




Sponsored Links


手編みのプレゼントを捨てる



手編みのセーターや手編みのマフラーは、内緒で捨ててしまうというのも選択肢としてないわけではありません。
使いようがないものですから残しておいても仕方なく、そもそもあまり気に入っていないというのであれば傷つけないようにこっそりと捨ててしまうのもやむ終えないといえます。

しかし、ただ捨てるというのでは角が立ちますから一応使ったということだけは伝えて、すぐにぼろぼろになってしまってだめになったなどと良い訳がたつようにしておくのが良いでしょう。

衣類というのは使い古した後は貰い物であっても捨てるのはおかしくありませんから、時間がたった頃にどうしたのかを聞かれた時には捨ててしまったというのも特別問題となるものではありません。
ただし、中途半端なことをすると傷つけてしまうことになりますし、また新しいものを作られてしまう可能性があるので注意が必要です。




Sponsored Links


手編みのプレゼントを誰かにあげる



彼女から貰ったものであっても着る気がしない趣味に合わないといった場合には、人にあげてしまうというのも良いでしょう。
捨ててしまうよりはずっと良いものですし、誰かが使ってくれるのであれば手編みのセーターや手編みのマフラーの価値もあるというものです。

問題としてはこのようなものを受け取ってくれる人がいるかということであり、彼女が作ったものだと知るとあれも受け取ってくれないということが考えられます。
そのような時には編み物が好きで色々作っているので、人の配りたいといった理由をつければ相手も受け取りやすいものですし、譲りやすいものとなります。

せっかく作ってもらったものを人に上げるのは抵抗があるという人も多いことでしょうが、全く使われないというよりはマシですから、いっそのこと誰かにあげることも考えてみましょう。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る