女性が悩みを相談してきた時のNGな男の対応とは?
333 ❤

職場や友人関係で、女性から悩みを相談されたことはありませんか?
そんなとき、あなたは親身になって女性に答えてあげているでしょうか。

しかし自分ではその女性のために、悩みを解決するために相談に乗っていると感じていても、実は女性の方がまったくそう感じていないケースがあるのです。
しかも、これは意外と多くの男性がやってしまいがちなこと…

男性であれば女性に頼られるような人物でありたいものです。
そこで女性が悩みを相談してきた時のNGな男の対応について、お話したいと思います。




Sponsored Links

女性が悩みを相談してきた時のNGな男の対応とは?



「職場の上司のことで、悩んでいて」……
などと、気になる女性から話を切り出されたら、ここぞとばかりに張り切るのが男性がいます。

そして「それはきっと上司としてのこだわりだから、部下としてはこういうふうに対応すべきだ」などと、とうとうと解決策を並べ立てたりします。
けれど、これでは相手の女性は、男性に好意を持つどころか、うんざりするだけ…

なぜなら彼女は、解決して欲しくて話したわけではないからです。
彼女はただ、辛い思いをしている自分を受け止めて欲しいだけなのです。

それなのに、「こうすればいい」などと諭されると、「そんなこと、私だってわかってる」という気分になります。
さらに悪い状況になるのは、「それはキミのやり方にまずいところがあるよ。ここを直さないといけないな。」などとお説教が始まることです。

男性からすると、「俺はこの人についてわかってるんだ。」という気持ちで頼りになるところを見せようと頑張っているのでしょうが、相手は「自分が否定された」「私が悪いと言われた」というふうに受け止めます。

「やり方がまずい」と言っただけでも、女性にとっては「あなた自身が悪い」と言われた気分になるのです。
悩みは「それは大変だね」、「辛い気持ちはわかるよ。」などと言って相槌を打ちながら聞いてあげる…
それが女性にとっては「私を受け止め、認めてくれた。」という証になるのです。

この点を男性は誤解しがちで、女性に解決策を教えてあげることが必ずしも正解ではないということを覚えておきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る