女性がメールや電話を頻繁にする心理が男には理解できない件
449 ❤

女性からメールがたくさんくる…
彼女と毎日のように電話をしている…

一見するとうらやましい話のように聞こえますが、その回数が多いとさすがに面倒になってくる男性も多いのではないでしょうか。
とくに女性の中にはメールの回数が多かったり、やたら長電話をしたがる人も少なくありません。

そもそも、このような女性心理とは一体どのようなものなのでしょうか?




Sponsored Links


女性がメールや電話を頻繁にする心理が男には理解できない件



彼女からのメールが多くて困る…
という男性の声をよく聞きます。

「おはよう」に始まり「今なにしてるの?」、「なに食べた?」、「どこにいるの?」、「仕事はどう?」など、のべつまくなしに送られてくるメールに辟易するというものです。

正直、それにいちいち答えを打たなくてはならないのが面倒…
というのが実際のところです。

もちろん彼女自身の話題も送られてきて、その感想も求められます。
メールだけでなく彼女の長電話にうんざりしている…
という人も多いでしょう。
用件は終わったのに、とりとめもなく続く話に、受話器を押さえながらため息をつくという人も少なくありません。

しかし頻繁なメールや長電話といったこれらの行為は、女性にとっては「自然なこと」で、苦痛は少しもないのです。
それどころか、むしろ楽しいことなのです。

この違いは、男性にとってメールや電話が情報伝達の手段である「道具的コミュニケーションのツール」であるのに対し、女性にとっては「気持ちや感情を表すことを目的とした表出的コミュニケーションのツール」である…
という違いから起こります。

女性は、相手の男性との「つながり」を常に感じていたくて、メールや電話を使っているのです。
ですから、それを否定することは、彼女の気持ちそのものを否定してしまうことにもつながります。

男性の皆さん…確かに毎日の仕事で忙しいかもしれませんが、その女性と仲良くしていたいなら、「うっとうしい」、「結局、何が言いたいの?」などと、メールや電話で口にしないことが肝心なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る