何回目のデートで女性に告白するのがベストなのか?
124 ❤

女性とデートを重ねて「付き合おう」と告白する…
これが恋人を作るオーソドックスなパターンです。

ただ、ここで気になるのが、果たして何回目のデートで女性に告白するのが良いのか?ということです。
もっと言えば、何回目のデートで告白すれば「OK」がもらえる可能性が高くなるのでしょうか?…




Sponsored Links


何回目のデートで女性に告白するのがベストなのか?



告白の成否を握る要素の一つに「出会ってどれくらいで告白するか?」…
というタイミングがあります。
このタイミングを一つ間違えば、実るはずの恋も花が咲く前に散ってしまうことがあるのです。

大手インターネット検索サイトgooが行なった「告白のベストタイミングはいつ?」というアンケートによると、男性は「相手を十分理解できてから」というのが1位だったのに対し、女性の1位は「3回目以降のデートで、続く2位は「2回目のデート」となっていました。

つまり、男性に慎重論が多いのに、女性は出会ってからさほど時間が経たないうちに告白して欲しいと考えているようなのです。
さらに、結婚相談サービス会社のツヴァイが行なった「出会ってから告白までの期間と成功率」の調査では、成功したケースの1位は「1カ月以内」で39%…
2位は「1カ月以上3カ月以内」の25%で、合計64%の人が3カ月以内に告白して成功しているという結果が出ました。

こうした結果から、どうやら女性へのアタックは、先手必勝らしいことが見えてきます。
友達の期間が長ければ長いほど、その関係が定着してしまい、「ごめんなさい。友達としか思えない。」なんていう、笑えない返事を聞く可能性が高まるのです。

「相手をよく知り、相手にも自分を十分わかってもらってから…」、「彼女が自分を好きなのかどうか確信が持ててからにしよう。」などと、のんきに考えていると、トンビに油揚げをさらわれてしまう可能性だってあるのです。

まずはアタック…
3回目のデートでケリをつけるくらいの勢いが欲しいものです。

しかし、いくら3回目のデートでの告白成功率が高いといっても、その日のデートがなんとなく盛り上がらないという場合もあります。
会話が今一つ、つながらなくて、重い空気が漂っているのに、「今日絶対告白しないとダメだ!」という思いで、強引に告白してしまうと、当然失敗に終わる可能性は高くなります。

女性側が、その日会社などで嫌なことがなかったか、他に気にしていることがないかといった細かい情報は、デートの間の会話で探るべきなのです。
また、ツヴァイの別のアンケートによると、告白に成功した人は「二人で会ったことがある」人が多いという結果も出ていました。
仲の良いグループの一人を好きになった場合は、告白前に最低でも一度は二人きりのデートに誘っておいた方が良いでしょう。




Sponsored Links


女性に告白するタイミングでないとき



さて、それでは気になる彼女を食事に誘ってみたら、あっさりとOKがもらえました。
男性にとって嬉しくないはずがありません。

しかもデートの当日は会話も弾み、かなり順調で、彼女も楽しそうで、好感触でした。
帰り際に「また会える?」と聞いたところ、彼女はにこやかにうなずいてくれました…

これで、すっかり「脈アリ」だと感じ、次のデートで喜び勇んで「付き合ってください!」と告白したところ、なんと彼女の返事は「ごめんなさい。今、資格試験に向けて勉強中で、恋人を作る気分にはなれないの。」と言われてしまいました。

さらに「資格試験をあきらめる必要なんてないんだよ。俺も精一杯応援するし。でも、それはそれとして、俺とのこれからもちゃんと考えてくれない?」と食い下がってみたものの、彼女が首を縦に振ってくれることはなく、その後、デートの誘いも断られるようになってしまったのです。

さて、この男性はなぜ撃沈してしまったのでしょうか?…
答えはいたって簡単です。

彼女が現在どういう状況にあるかを考えないで、強引に交際を迫ったためです。
告白でもっとも重要なのはタイミング 彼女の気持ちが自分にあるかどうかはもちろんですが、相手が他に気にかけていることがないかを事前にリサーチしておかないと、失敗に終わる可能性が高いのです。

資格試験を目前に控え、必死で勉強している女性に交際を申し込んだところで、受け入れてもらえないのは、半ば当然…
趣味に夢中だからとか、仕事が楽しくて恋をしている暇はないとか、家族の誰かが入院中だとか理由はそれぞれだとしても、何かに一生懸命になっている人の心のスキマに入り込むのは難しいものなのです。

「女性は恋が第一優先のはず」なんて考えるのは、男性の勝手な思い込み…
パワーや勢いで押し切ろうするのは、得策といえません。

告白の成功率をアップさせるためには、ビジネスと同じように、会話の中で彼女が今どういう状況にいるのかを探るのはもちろんのこと、彼女の友達など周辺からリサーチしておくべきなのです。
何か他に夢中になっていることがあるなら、しばらくはそれを応援してあげるスタンスを取りましょう。

彼女の力になり、支える姿勢を見せれば、自分の株も上がるはず…
この「待ち」の時間を焦らないことが、告白成功のカギとなるのです。

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る