失敗談を女性の前で語るのは意外と効果的らしい件
48 ❤

皆さんは女性と話をするときに、どんな話をしていますか?

特に何も考えていない…
という人が大半かと思います。

でも、できれば女性ウケする話をしたいという思いはみんな持っているのではないでしょうか?
今回は失敗談を女性の前で語るのは意外と効果的らしい件と題して、少しお話をしたいと思います。




Sponsored Links


失敗談を女性の前で語るのは意外と効果的らしい件



男性が女性と話をしているときにもっともよくやる失敗といえば、自分の自慢話ばかりをしてしまうことです。
どういう会社に勤めているかと聞かれれば、「俺は大手企業の〇〇という会社に勤めている。」と得意になったり、ドライブの話題に移ったら移ったで「俺の車はBMWで…」というように、聞かれもしないことをペラペラ話してしまうというものです。

どれも自分としては女性の気を引くためのアピールのつもりなのかもしれませんが、はっきりいってこれは逆効果です。
なぜなら、そんな話を延々聞かされても女性はちっとも面白くないからです。

自分の長所を封じられたら、話すネタがない…
と思うかもしれませんが、こういうときこそ使って欲しいネタがあるのです。

それこそ、自分の「失敗談(ドジエピソード)」…
つまり、ちょっとした欠点を見せた方が、断然ウケがよくなるということです。

これは相手が女性の場合に限りません。
初対面でも自分の失敗談をあけっぴろげに話すと、相手の心を開かせるのに大きな効果があるからです。

「この人になら、何でも話せそう。」、「自分の失敗談も笑って許してくれそう。」と、親近感が湧いてくるからです。
お笑い芸人がモテるのも、同じ理由からでしょう。

たとえば、友人の紹介ではじめて会うときには、「今日、すっごく楽しみにしててさ。会社でソワソワしてたら、上司に怒られちゃったよ(笑)」などと、おどけてみるのです。
大爆笑など狙わずに、クスッと笑える失敗談であればいいのです。
そうすれば情勢は好感を抱くだけでなく、「そんなに楽しみにしてくれたんだ。」と、女性も悪い気がしないはずです。

また、カラオケでの集まりであれば、トイレから戻ったときに「間違えて違う部屋に入っちゃったよ。気まずかった…」なんて頭をかいてみせてもいいでしょう。
「私もよく間違えるよ。あれって本当恥ずかしいよね」と、女性側からの失敗談が飛び出てくるかもしれません。

ただし、注意したいのはドジ話といっても、笑えない失敗談はNGだということ…
「帳簿のケタ数を間違えて、会社に大きな損失を出しちゃって…」というような重大なミスをカミングアウトしたところで、笑うに笑えないものもあるからです。

「え、それって大丈夫なの?!」、「この人、心配…」と思われるようなレベルの失敗談(ドジエピソード)は、万が一あったとしても女性の前ではやめておきましょう。
くれぐれも程度をわきまえるよう注意しましょう。

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る