なぜデートで花をプレゼントする男はモテるのか?
291 ❤

女性への贈り物の定番といえば、バラの花束…
という人もいるでしょう。

花に興味がない男性からすれば、「こんなものをもらって、何がうれしいんだ?」と思うかもしれませんね。
男性にとって、花はただの花でしかない…
それ以上の意味などはありません。

しかし、女性にとっては、男性から花束をもらえるのは、この上ない幸せな出来事なのです。
女性にとって、花は「ロマンスの象徴」なのであり、「愛の証」…
つまり花に対するイメージというか、意味合いが、男性とはまったく違うのです。

不思議なもので、女性は、花がたくさんある場所の方が、ロマンチックな気分になりやすいことも明らかにされているのです。
フランスのブルターニュ大学のニコラス・ゲーガンは、男性アシスタントに頼んで、18歳から25歳くらいまでの女性600人に声をかけ、電話番号を聞き出させるか?という実験をしたことがあります。

ただし、声をかける場所は、「花屋さんの前」、「ケーキ屋さんの前」、「靴屋さんの前」という3つの場所を設定しました。
それぞれの場所で、通りかかった200人ずつの女性に同じ男性が声をかけたのです。

ゲーガンの予想によれば、ロマンスを感じさせる「花屋さんの前」で声をかけた方が女性はうっとりして、つい電話番号を教えてしまうであろう、とのことでした。

実際にやってみると、確かにその通り…
花屋さんの前では、24.0%の女性が電話番号を教えてくれたのに、対してケーキ屋さんの前では15.5%、靴屋さんの前では11.5%の女性しか電話番号を教えてくれなかったのです。

どうやら女性は、花があると、自分でも知らないうちにロマンチックな気持ちになってしまうらしい…
この実験で、そんな結果が明らかになったのです。

言い換えれば男性に対するハードルが低くなるということ…
このデータを参考にすれば、女性をデートに誘うときには、花がたくさんあるような場所が好ましいということになります。

植物園でもいいだろうし、どこかで花に関するフェアが行なわれているのなら、そこでも良いでしょう。
花が満ち溢れた公園を散策するのも良いかも知れませんね。

男性が思っている以上に、女性は花が好き…
だからこそ自宅に女性を招くときには、玄関先、テラス、台所などに、たくさん花を飾っておきましょう。

花がたくさん溢れていればいるほど、あなたは確実に良い評価を受けるということにもなるからです。
「うわぁ~私、〇〇くんのこと、見直しちゃった!」と口では言わなくとも…
きっと、そういう気持ちになってくれるはずです。

なお、女性と花を見にいくときには、少しでもいいから花に関する本を読んで、知識を仕入れておくと良いでしょう。
単純に、「この花、キレイだよね」だけではなく、花の歴史や、気の利いた花言葉などを語ることができれば、もっとカッコいいからで
す。
したがって、デートで花をプレゼントするような男性はモテるということですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る