女性は職場の人間関係を重視することを男は知っておくべし!
70 ❤

ビジネスの現場において、男性と女性とでは、そのウエイトの置き方に違いがあります。
男性にとっては仕事の中身がすべてであり、
どうすれば出世できるのか?…
どうすれば自分のキャリアを磨けるのか?…
ということにウエイトが置かれることが多いかと思います。

一方で女性は、仕事はどうでもいいと思っているわけではありません、男性以上に「人間関係」を重視しているという違いがあるのです。
一例を挙げると、若い女性社員には「ランチメイト症候群」と呼ばれる悩みがあったりします。

これは、精神科医の町沢静夫さんによって命名された用語で、お昼ごはんを一緒に食べる人がいないと寂しいというものです。
実際、「お昼を一緒にしてくれる友だちがいない」という理由で会社を辞める女性もいるほど…
男性は、別にお昼くらい一人で食べても、全く気にならないかもしれませんが女性にとっては大問題なのです。

もちろん男性だって、職場や社外での人間関係を重視していないわけではありません。
しかし、それでもやはり「男は仕事の中身で勝負」というところがあり、女性ほどは人間関係を重視していない傾向にあります。

女性は、男性が思っている以上に職場の人間関係に敏感なのです。
ですので、職場の人間関係についての噂話やら、ゴシップをたくさん知っていたりもするのです。
そういうところにまで気を配らないと、落ち着かなかったりするのでしょう。

カナダにあるカールトン大学のローレイン・ダイクは、様々な事業で成功した男女にアンケートをとり、「あなたが成功した理由は?」と尋ねてみました。
すると、「人間関係」を第1位に挙げたのは、男女ともに共通していたのですが、男性が30%にとどまったのに対して、女性では45%であったといいます。

この結果からも、女性にとっては、人間関係をうまくやることが仕事の成功にも結びつきやすいといえるでしょう。
女性が、勤務時間中にぺちゃくちゃとおしゃべりをしていると、男性、特に男性の上司などは、彼女たちが本気で仕事をしていないように思えて、イライラさせられるかもしれません。

しかし、彼女たちは雑談をすることによって、お互いの関係性を深めているのであり、、決して余計なことをしているのではないのです。
そういうところで同僚の女性たちに嫌われたりすると仕事がやりにくくなるので、仕方なく雑談をしているのだ…
と温かい目で見守ってあげましょう。

特に女性の場合は、同性の女性から嫌われると、男性以上に陰湿ないじめを受けやすいという問題もあります。
いったん仲間外れにされると、どうにもならないのが女性同士の関係であり、そうならないようにちょこちょことコミュニケーションをとって、円満な関係が崩れないようにけなげな努力をしているのが女性なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る