女性部下との接し方で意識すべきなのが「コミュニケーション」!
80 ❤

男性の皆さん…
部下の女性とうまくコミュニケーションは取れていますか?

女性は、コミュニケーションの回数で相手の愛情を推し量るところがあったりします。
声をかけられる頻度が少ないと、「私のことなんて、どうでもいいのね…」と思い込んだり、声をかけられる頻度が高いと、「あら?私のことが好きなのかな?」と思い込んだりもするほどです。

もし、男性の皆さんに部下がいるとして…
男性の部下には、1回だけ声をかければ十分でしょう。
男性は、そんなに声をかけられなくともまったく気にしないものですからね。
さすがに挨拶もせず、無視していたら気分が悪いでしょうが、それなりに声をかけていれば問題ないでしょう。

一方で、女性の部下に対しては、その3倍は声をかけるようにしたいものです。
男性の部下には1回だけで、女性部下には3回声をかける…
そうすれば女性部下はみなさんに心を開いてくれるのです。

「なんだか面倒くさいな」
「なんだよ、男性の部下と同じじゃ、マズイのか?」
と思われるかもしれませんが、コミュニケーションの量を増やすことが、女性と仲良く円満な関係を築くための秘訣なのです。

とにかく女性は男性に比べて、コミュニケーションが大好き…
メールの頻度も電話の頻度も対面での会話でも女性は男性の3倍のコミュニケーションをしています。

ノースイースタン大学のジャック・レヴィンが調べたところ、女性は男性よりもはるかに他の人のゴシップについておしゃべりするし、話題もいろいろであったといいます。
女性は、おしゃべり自体を楽しむのですね。

勤務時間中なのだから、なるべく私語を慎まないと…
仕事に関係のない話は、なるべく慎まないと…
そういう態度は立派なのですが、それでは女性部下は納得しないのです。

女性部下に対しては、そういう態度で臨んではいけないともいえるでしょう。
ですので仕事以外の話でも、どんどん積極的に声をかけつようにしましょう。

そうやってコミュニケーションの単純な総量を増やすだけでも、男性の皆さんは上司として女性部下から慕われる存在になる可能性がある高いといえるでしょう。
男性の目線で言うと、女性同士の会話に聞き耳を立ててみると、本当に「どうでもいいような話」をしているように感じられるかもしれません…
しかし、女性はそういうおしゃべりで満足できるのです。

むしろ、仕事に関連する話だけをしていたら、女性部下は不満を募らせるかもしれません…
もちろん、マジメに仕事をすることは大切だと思いますが、人間的な部分での触れ合いがなければダメなのです。
そして、そのためには積極的に雑談や世間話をしなければならないのですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る