トヨタの残業改善事例から学べるビジネステクニックとは?
812 ❤

残業を改善する…
日夜働くビジネスマンにとっては、重要な課題です。

残業手当が出ていれば良いのですが、残業手当が出ていなかったり、上限があったりすれば社畜と化してしまうと言っても過言ではありません。
そこで日本を代表する大手企業のトヨタがやった残業改善事例から、そのビジネステクニックを学んでみましょう。


トヨタの残業改善事例


1990
トヨタというと、かなりのエリート企業であり、日本でも有数の大企業として知られています。
しかし一方であまり報道はされておらずあまり知られていませんが、こちらの会社では過去には過労死をする人が跡を絶たない…
というような状態であったという報告もあったのです。

そのため過労死による遺族が訴えを起こし、ここから残業改善活動が行われるようになったとされています。
まずトヨタが取り組んだ残業改善事例としては、残業代をしっかりと支払うこと、しっかりと時間に見合った給与を支払うこと、これらを改善活動として盛り込むようになりました。

日本ではブラック企業が蔓延していますが、そのようなの会社でもこのように過労死をされる人がいるほど酷い状態の会社も少なくないようです。
そうして生活リズムが狂ってしまうことから自律神経のバランスも悪くなり、精神的におかしくなってしまう人も、とても多い状況であったとされています。

今は国として、そういったブラック企業を撲滅しようと取り組んでいますが、トヨタの残業改善事例を見習って改善を進めて欲しいものです。




Sponsored Links


トヨタの残業改善活動からわかること「持ち帰り仕事も残業の対象にするべき」


1991
トヨタでは持ち帰りの仕事も給与の手当てとして入れるべきである…
という点が、残業改善事例として出されました。

今までの考え方では、会社としては持ち帰りの仕事をすることは個人の自由であり、個人が勝手にやっていること…
としており、この考え方はトヨタだけでなく、他の企業においても同じでした。
つまりどの企業もプライベートな時間なども作れず、家庭でも仕事をやらなければならないという、無言の圧力があったとされています。

しかし、上の命令としては、「そのようなことは依頼していないし、仕事ではない。勝手に本人がやっているだけだ」という、無言の圧力と言い逃れが出来てしまっていたのです。
そのため精神的に病んでしまうだけでなく、あまりにも酷い労働環境であり、時には自殺者の方が出てしまったとされていたのです。

そこでトヨタではこのような点を反省し、今後は持ち帰りの仕事も給与の支給に該当するもの…
とされました。

まだまだ、このような体制や社風が整っている企業は少ないですが、この改善によって社員の働きやすさが大きく改善されたことは言うまでもないでしょう。




Sponsored Links


トヨタの残業改善活動からわかること「考える範囲を絞ることの大切さ」


1989
日本人の場合には、特に「会議」という言葉が大好きです。
会議には参加するべき会議と参加しなくても良いような会議があり、中にはこれらの会議を省くことで、違う仕事を行える時間などがあるにも関わらず、会議などに縛られて仕事が遅れてしまうパターンも多いものです。

ここで、トヨタが行った残業改善事例としては「考える範囲を絞ることの大切さ」を盛り込み、無駄な時間に社員が時間を使わずに…
また同時に、無駄な議論などに社員が精神的にも肉体的にも疲労をしないようにと改善命令が下りました。

つまり、考えるべきことを絞り、本当に大切で考えるべきことだけを議論して考え、そこから時間の短縮や仕事時間の短縮を目指すように、という方向転換が図られたとされています。

これはどのような企業でも行うべき改善施策で、仕事の効率化や成果を出すためにも、本当に必要や意味のある会議を行うべきなのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る