風邪で休んだ上司に見舞いのメールは何て送ればイイの?3つの定型文
4712 ❤

上司が風邪で休んだ…
ラッキー今日は気楽に仕事ができる!と感じる人も多いでしょう。

しかし風邪で休んだ上司に見舞いのメールを送るのもビジネスマンとしてのマナーになります。
心の中で心配している・いないはおいておき、風邪で休んだ上司にメールは大切なことなのです。

むしろデキるビジネスマンであれば、上司との関係を向上させたり、自分の評価をアップするチャンスだと考えましょう。
今回はそんな時に活かせる3つのメール定型文をご紹介しましょう。


風邪で休んだ上司に送る見舞いのメール例その1


1218
職場でいつも顔を合わせている上司が風邪で欠勤となったときには、本人と連絡を取るタイミングがない場合、基本的に不要な連絡はしないほうが良いでしょう。

着信があるということは、体調の悪い人に行動をさせなくてはならないということを考えれば、休みの日、ましてや体調不良で欠勤という場合にはできるだけ仕事のことで心配をかけたくないものです。
しかし相手方より電話連絡でなくメールで欠勤連絡があったという場合は何かしらのひとことを添えてお見舞いの気持ちを伝えたいものです。

例えば、

おはようございます。
確認いたしました。
ご体調が回復されるまでどうかご無理をなさらずに静養におつとめください。
業務につきましては社内の人間にて対応いたしますのでご安心ください。

などの文章に、業務について伝えておきたいことがあれば添えて送信すると良いでしょう。




Sponsored Links


風邪で休んだ上司に送る見舞いのメール例その2


1220
体調不良で欠勤だとわかっているうえで業務連絡等報告が早急に必要な場合には、連絡事項の他にお見舞いの言葉を添えて送るのがマナーです。
欠勤した本人も仕事に穴をあけてしまうことで現場を心配している場合もありますので、本人の気持ちにそうような文章が良いでしょう。

おはようございます。
お休みのところ申し訳ありません。
報告事項を早急にお伝えしたくご連絡いたしました。

とはじめ、連絡したいことについて書いたあとに、再びひとこと添えます。

「ご指示がございまいしたらご連絡ください。」と書いておくと、現場の判断ですすめて良いときは連絡がないということになります。

欠勤した本人以外に対応ができないような業務内容である場合など内容によっては急ぎの対応や指示を必要とすることもあるでしょう。
そのようなときは本人への配慮よりも電話連絡が必要となります。




Sponsored Links


風邪で休んだ上司に送る見舞いのメール例その3


1219
比較的くだけた雰囲気の職場では堅苦しい言葉を抜きに連絡を取れることもあるでしょう。
しかし風邪で欠勤するということは社会人にとってはできるだけ避けたいことです。
少々の体調不良であれば多少無理をして出勤するという人が多いように、体調不良で欠勤するということは安静を必要とする状態であることを示しています。

そのためできるだけ不要な連絡はさけたいものですが、上司側から連絡があったときの返信はもちろん、仲の良い職場ではお見舞いメールで本人が喜ぶこともあるでしょう。

お疲れ様です。社員一同心配しております。
お困りのことがありましたらお手伝いさせていただきますのでお気軽におっしゃってください。
早くご快復されるようお祈りしてます。

などの文章は思いやりがダイレクトに伝わって良いでしょう。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る