男子必見!…女性を落とすための「3つの法則」とは?
643 ❤

女性を落としたいと日夜考えている男性は多いでしょう…
中には、「それしか考えていない!」という人もいるかもしれません。

そこでそんな悩める男性のために…
男子必見!…女性を落とすための「3つの法則」に関してお話しましょう。




Sponsored Links


女性を落とす方法その1「シンデレラ願望の法則」


2326
女性には、シンデレラのように、いつかすばらしい白馬の騎士が自分を迎えにきてくれるという”シンデレラ願望”があります。
日本女性はこれまで”待つ女”であったため、この願望が異常に強いといわれるのです。

現代では白馬は白い車であり、騎士は昔もいまも背が高くハンサムです。
一見それらしい青年が目の前に立ったとき、女はそれを結婚サギ師だとは夢にも思わず、コツコツ貯めてきた預金を渡してしまうのです。

デートのとき、思いきって高級車をレンタルで借りていくと、彼女は異様な興奮に駆られることがあります。
タキシードパーティーなどの夕食会などに彼女を連れて行くと、もううっとりとあなたの肩に全身をもたせかけてくるかも知れません。
彼女のシンデレラ願望をいくらかでも遂げさせるには、金銭的に少々無理をしても彼女のハートに近づくことです。


女性を落とす方法その2「ボサードの法則」


2324
会えば会うほど好きになる…
そんな法則があります。
「男女の親密さ=心理的距離の近さ×接触時間の長さ」という法則です。

どんなに愛し合っていても、会う機会と時間が少なくなれば、夫婦でさえも破綻を迎える可能性があるということです。
つまり「愛は両者の距離が増大すればするほど、着実に、驚異的に減少する」というのが「ボサードの法則」と呼ばれるものです。

特に”愛は女の方から壊れる“というから怖いものです。
淋しさは愛情の最大の敵とでもいえるでしょうか…
だからこそ、さほど好意をもたれていない場合でも、せっせと通えば彼女はモノになるということです。




Sponsored Links


女性を落とす方法その3「愛情心理学の鉄則」


2325
「私のこと好き?」…
と聞きたがるのが女性の習性です。

「じゃあ、どのくらい好き?」…
この問いが曲者(くせもの)です。

たいていの男性はここで照れてしまいます。
中には「これぐらい」と両手をいっぱいに広げるアイデアマンもいるでしょうが。

しかし女性はそれでは心の底から満足はしないものなのです。
そこであなたは、「計算することができないくらいだ!」と、10メートルぐらい左へ走って、そこから20メートルぐらい右へ駆けて行って、「こんなもんじゃない。もっともっと好きだ!」と、ハーハー息を切らせながらいってみてください。

彼女は満足そうにあなたの腕を取るに違いありません。
「愛は大げさがいい」というのが愛情心理学の鉄則なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る