求人情報で「ブラック」or「ホワイト」を見極める3つの方法
387 ❤

求人広告で仕事を探す。
しかし、もしその中に「ブラック企業」があるとすれば…
絶対に入りたいと思いません。

けれども求人広告だけでは「ブラック企業」であるかどうかはわかりませんよね?
そこで求人情報で「ブラック」or「ホワイト」を見極める…
3つの方法に関してご紹介しておきましょう。


ブラックorホワイトを見極める方法「年収のモデルケースを見る」


1624
求人は常に耐えることがありませんが、最近では求人数よりに求職者がおいついていない傾向が見られます。
いまではスマートフォンでも手軽にお仕事探しができる便利な世の中になりましたが、手軽な一方、簡易的にまとめられた募集内容から良い職場を見極めることも大切にしたいものです。

働く人にとって辛い就業状況を強いる所謂ブラック企業を見抜く方法はいくつかあります。
仕事の内容に対して時給があまりにも高いことや掲載されている年収のモデルケースが魅力的すぎるときは注意が必要です。

重労働や変則勤務、深夜帯の勤務などによって高収入な場合はありますが、怪しいと感じるときは同じような職種や勤務時間の相場を調べてみるのも良いでしょう。
残念ながらいまの日本では一年目から高収入を得られるようなクリーンな企業はほぼ存在しません。




Sponsored Links


ブラックorホワイトを見極める方法「職務経験の有無」


1622
専門的な業務内容であるにも関わらず、職務経験を問わず募集しているも一旦確認しておくべきです。
年齢や性別を不問で募集することはハローワークで設けられた条件ですので、民間の募集においても不自然なことではありません。

職務経験がないにも関わらず、とにかく人がほしいというような職場は同じポストでの入れ替わりが頻繁にある可能性があります。
条件を絞るほど応募はすくなくなりますが、職場での人手が足りなく、誰でも良いからすぐに働いてほしいということが想像されるためです。

しっかりとした職場や働く人にとって不満が少ない職場はやはり人の入れ替わりが圧倒的に少なく、退職者がでる際には時間に余裕をもって相応しい代替者を募集し、人選するものです。
こういった余裕がない職場では募集内容も安易になりがちです。




Sponsored Links


ブラックorホワイトを見極める方法「どのようなフレーズでやりがいをアピールしているか」


1625
紙面やサイトなどで募集内容を確認してもわからないことは、職場の雰囲気です。休日や給与など待遇面では問題がなさそうでも、実際に職場を見てみないとわからないことはたくさんあります。

もちろん面接でおとずれても実際に働いてみると想像と違っていたというような場合もありますが、仕事の詳しい内容や通勤の方法についても確認できるため、面接を行うことは雇う側と雇われる側にとっても大切なことなのです。

文字で表現するフレーズには職場の雰囲気を確認できるような要素が含まれています。
家族経営がうかがわれるような場合は避けた方が無難かもしれません。

また、若さをアピールしているような企業は経験が浅く、不安定さもあります。
仲良くといった言葉も、実際には反対の可能性が高く注意が必要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る