30代男性の転職に有利な資格BEST5 これを持っていればもう安心!?
2159 ❤

  • 2016-4-15
  • 30代男性の転職に有利な資格BEST5 これを持っていればもう安心!? はコメントを受け付けていません。

30代で転職を考える時に、資格取得を検討される方も多いかと思います。
そんな時にどんな資格であれば転職に有利なのか?…
あなたの将来ビジョンと照らし合わせてみましょう。




Sponsored Links


30代男性の転職に有利な資格BET5


66


行政書士


行政書士はいわゆる合わせ技資格と言われる資格です。
行政書士は許認可や契約文書の作成が行えるのですが、独立開業を想定したしているため、行政書士のみでは転職活動に有利というわけではありません。
他のスキルとの合わせ技で営業もでき、かつ契約文書を作成したり確認したりできるというような、プラスアルファで考えると他のスキルを際立たせることが可能になります。
行政書士保有者が必ず有利になる業界は多くはありませんが、他スキルとの合わせ技で光るのが行政書士でしょう。


社会保険労務士


合格者が少ない国家試験であるため、社会保険労務士保有者はその業界に転職する場合有利です。
合格者の年齢層も30代が最も多く、社会人が取得し、年金や保険のスペシャリストとして活躍を目指すことで、フィールドが広がります。
特に人事、労務系の職種への応募を考えている場合、スキルの裏付けと位置づけて取得するといいでしょう。
仕事内容が地味な印象を持たれるかも知れませんが、実際は労働トラブルへの対応などのタフな内容も任されることも多いので、この分野は男性向きであると言われています。


宅建(宅地建物取引主任者)


30代男性が取得してすぐに活用できる宅建(宅地建物取引主任者)は一押しです。
不動産業界の場合、5人に1人以上の割合で宅建登録者を配置しなければいけないため、不動産業界の場合、有利な条件での転職が期待できます。
また繁忙期には契約書面の捺印や重要事項説明の際に宅建保有者が不足することもあるため、この期間にヘルプで呼ばれてそのまま就職というケースもあります。
大手の不動産会社の場合、宅建保有者を優遇していたり、宅建保有者を応募条件としている場合もありますので、不動産業界への就職を考える場合は取得の必要性が高いのです。


ファイナンシャルプランナー(FP)


ファイナンシャルプランナーは近年、マネーの相談を行う資格として注目を集めています。
最近では独立開業して相談を受注している事務所もあります。
こういった事務所に就職したい場合ファイナンシャルプランナー保有者でないと選考してもらえないということもありえますので、取得する価値のある資格といえます。
一般に男性と女性では家計に対する切り口が異なるため、男性の場合女性的な視点をうまく組み入れて、細かいところに気が付くファイナンシャルプランナーとなることができれば活躍も可能です。
金融機関では、保有者歓迎という企業も複数あります。


日商簿記2級


日商簿記2級は30代男性が保有していると、財務諸表が読めるなど評価をされるため、取得を考える価値のある資格です。
業界を問わず決算や取引は行われますので、小回りがきくと言われています。
簿記の知識がないと取り組めない業務もありますので、取得する価値があるといえるでしょう。
日商簿記2級も、単体で活用するよりも他のスキルと合わせて自分の市場価値を高めるものだと言われていますので、あと1ステップ上を目指したい、何かが足りないと思う方は、取得されるといいでしょう。また単体の取得でも30代前半まではプラスになると言われています。




Sponsored Links


まとめ


以上のように30代男性の転職に有利な資格はいくつもあります。
ただ、どの資格も一朝一夕で簡単に合格できるものではなく、数百時間の学習時間が必要になります。
そのため自分自身が将来どのような立場、どのような仕事をしていたいかなど、しっかりとしたビジョンを検討した上で自分に有利な資格を選ぶことが大切になります。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る