モテない男あるある…「女性を遠くからしか見ていない」
2003 ❤

モテる男かそれともモテない男のどちらになりたいか?と聞かれれば、大抵の男性はモテる男というでしょう。
モテない男になりたいという人はきっと少ないはずです。

ただ、そうは言っても中々モテる男になるのは簡単ではありません…
そこで、ここではモテない男にならないようにするため…
モテない男あるあるとして、モテない男が「女性を遠くからしか見ていない」ということについてお話したいと思います。




Sponsored Links


モテない男あるある「女性を遠くからしか見ていない」



たとえば、「女なんて簡単。やっぱりカネだよ。カネさえあれば、どんないい女も手に入る」などと自信たっぷりにいう男性がいますね。
ただ、「そうでないだろう…」という気持ちもある反面、「たしかに、そうも言えるな」と思えてくるから不思議です。

世界の歴史をひもとけば、カネに転んだ美女の話は枚挙にいとまがありません。
だからこのセリフは、女性の本質をとらえた真理であるかのように思えます。

しかし、金持ちだったら、どんな女性とでもつきあえるか?というと、やはりそうはいきません。
カネは腐るほどあるのに、さっぱり女にモテないという男性もたくさんいるのです。

そこで、女性に関するもう一つの常識が出てきます。
それは「女性は見た目のいい男に弱い」という常識です。

ところが、見た目のいい男が絶対的にモテているか?というと、これにも例外が数かぎりなくあります。
そういう場合に、カネがものをいってるのか?というと、必ずしもそうではありません。

特別金持ちでもない…
ちょっと見たところは風采のあがらない男性がハッとするような美人の心も体もとらえて離さない…
という現実も一方にはあるのです。

さらにいえば、いま女性に「どんな男性がいいか?」と聞くと、まず大抵は「やさしい男」という答えが返ってきます。
ではやさしい男が、やさしくない男より女にモテているか?というと、これもまた違います。

心やさしい男性が妻に逃げられたり、結婚相手が見つからずにくよくよしているケースもあるからです。
そして、一見ヤクザではないかと思えるような荒っぽい態度をとり、女性にも冷たい男性が、いい女を何人もかかえて悦に入っているということもあります。

いったいこれはどうしてなのでしょうか?…
おそらくこれはモテる男とモテない男の差は、女の本質というものを、きちんととらえているか、いないかの差だと言えるでしょう。

誤解のないようにつけ加えれば、ここでモテる、モテないというのは、いわゆる恋愛関係だけでなく、職場における女性社員の扱いで悩む男性、女性の上司の前でオタオタしている男性、妻や娘の言動がさっぱり理解できない夫や父親もふくめての話です。
あるいは女性をターゲットにする職業や、商品の販売に携わる人たちにもいえることです。

要するに、モテない男というのは、女性の本質が理解できていない男性のことなのです。
では、なぜ本質が理解できないのでしょうか?

それは女性に近づかずに、遠くから見るだけで、理屈ばかりこねているからでしょう。
上方(京都)いろはかるたの一つ「夜目遠目笠の内」というものがあります。
これは暗いところで見る女性、遠くから見る女性、祭りの笠や帽子をかぶった女性の顔というものはどんな女性でも実際以上に美しく見えるものです。

遠くから見て「ああ、きれいだな」といっているようでは、いつまでたっても、女性の本質は理解できません。
女性を本当に知るためには近づかなくてはダメなのです。

近づいて声をかけ恥をかいてみる…
そこではじめて、女性を理解できるようになっていくからなのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る