給料が上がらないのは会社のせい?給料の上がる会社の見分け方
687 ❤

日夜働くサラリーマン・ビジネスマンにとって、給料は生活の糧であり、仕事におけるモチベーションにもなります。
仕事は給料が全てではありませんが、給料が良いに越したことはありません。

そこで大事になってくるのが「給料の上がる会社の見分け方」です。
就職・転職活動において、この点を確認することは必須です。

またすでに決まった会社で働いている人にとっては、給料が上がらない理由に関して考えなければなりません。
それは会社のせいなのか、自分のせいなのか…
サラリーマン・ビジネスマンにとって、一生ついて回る問題なのです。


自分の給料上がらない理由


421
給料が上がらない理由は色々ありますが、就職する時点でも分かる見分け方があります。
まず昇給制度がないため給料上がらない会社の場合、自分も含めて給料が上がらない会社であるということが分かります。

他には、査定で一定の基準を満たしていないと給料上がらない会社というところもあります。
この場合自分が昇給条件を満たしていないということが考えられます。

この他にも元々の基本給が高く、歩合の割合が高いため昇給しないということもあります。
昇給制度自体がない会社を除くと、自分の業務成績が査定で評価されていないからか、歩合の出来高をあげていないため昇給条件を満たさないからのいずれかが考えられます。

この場合は、理由に応じた対応をする(業務成績を上げる、歩合を満たす)といった努力を、給料の上がらない理由に応じてしていく必要があるといえます。

また、査定に基づいて昇給する場合、査定を行う上司から嫌われているということもありえますので、この場合仕事内容だけではなく、人間関係に関しても注意をする必要があります。




Sponsored Links


給料上がらない会社の見分け方


424
給料上がらない会社の見分け方としては、基本給と歩合給の構成に注目してみる、昇給実績を公表している場合確認しておく、ノルマがある場合未達の場合どうなるかを聞いてみるといった見分け方があります。

ただし、会社が公表していない場合に面接で聞くというのはなかなか難しいと言えますので、公表されている資料をもとに見分け方を自分なりに見つけていくというのが現実的でしょう。

例えば、月給いくら保証、というような表現で高給であることをPRしている会社の場合、保証された金額以上にするのはなかなか難しい場合があります。

また、査定が極端に厳しいという会社もありえます。
この場合、給料が上がらないことに不満をもって辞めていく方も多いので、離職率やネットでの口コミで、情報を集めていきながら、実際に面接を受けた感触を合わせて考えることがいいでしょう。

給料上がらない会社の場合、従業員のやる気がなく、日々の業務をとりあえずこなしているという場合もあるため、職場見学なども有効です。




Sponsored Links


自分の給料を上げる為には?


422
自分の給料を上げるためには、上がらない理由と反対のことをしていく必要があります。
勤務成績が求められる会社の場合、しっかり査定で高評価を受けられるように勤務することです。

歩合が大きい場合、基本給自体は変わらない可能性はありますが、営業トップの成績を出すことができれば、大きく給与アップが望めるでしょう。
他の人と同じような成績を出しているのに変わらないという場合には、査定をしている上司に嫌われている可能性もありえますので、この場合は普段から上司とコミュニケーションをとるなど、地道な努力が必要です。

自分なりの見分け方で理由を考えて、修正しても状況が変わらない場合は、多くもらっている従業員は何が自分と比べて優れているのかを見極めて、まずは真似をしてみるという方法も考えられます。

優れている人は、それだけのことをしているので、自分との差を少しづつ詰めていくという地道な努力も必要です。
スキルに自信があれば転職も検討してもよろしいでしょうが、見極めができないと同じことでつまずいてしまう可能性もありえます。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る