ネクタイの色の印象や意味が深かった!女はココを見ている
2248 ❤

サラリーマンとしてオフィスでお仕事をしていたり、営業で他の会社などを訪れるときには、特に自分の毎日着ているスーツやネクタイの色などを意識していないという人も少なくないかもしれません。
しかし、意外に注意をしなければならないのは、女性の目というものです。

おしゃれに敏感な人も少なくありませんし、自分がしている「ネクタイの色」について思わぬところで分析をされていることさえあるからです。
デキるビジネスマンであれば、「ネクタイの色」を意識して好印象を与える事を心がけましょう。




Sponsored Links


ネクタイの色で大事な印象や意味


112
自分が意図していなくても、赤いネクタイは情熱的な印象を与えるものであり、無意識にも相手の女性に好意があることをほのめかせるような効果もあると言われています。
反対に、暗い色を基調としたネクタイだと、落ち着いた雰囲気、真面目さを醸し出すことにも繋がります。

スーツやYシャツの色やデザインに合いさえすれば、日によってネクタイの色など気にしたりする事は無いという人もあるでしょうが、大切な商談があったり、上司に給料や休暇などについてお願いをしに行くとか、大切な話があるというような場合には、ネクタイの色の意味に着目してみることも良いものです。
政治家などの世界では既に常識となっていますが、ネクタイの色の意味を考えながら大切なシーンに出る事も必要なことです。

例えば、選挙の演説や大切なスピーチを大勢の前で行うなどと言った場合には、自分の持っているモチベーションを分かってもらったり、自分が優れたリーダーなのだという印象を与えるために、赤などを基調としたネクタイ選びをすることもあります。
ネクタイの色の意味について重きを置いているからです。

また反対に、災害などに遭った人を見舞うような場合には、黒や濃紺といった暗い色のネクタイをしていくことで、自分の心の状態を表現出来ます。
同じように、ビジネスマンの場合にも、難しい取引の商談を行うような場合には、自分の力強さを相手に印象付けるような、派手な色のネクタイを選ぶというような戦略もお勧めです。




Sponsored Links


様々な色の印象や意味合い


110
赤色…情熱やエネルギーを感じさせるアクティブな色。自己主張や情熱などの印象を与え、その他に怒りや闘争といった意味を持つ。
オレンジ色…親しみや元気、明るいなどのポジティブな印象を与える色。家庭的や暖かい、社交的などの印象を与え、一方で下品や八方美人などの意味を持つ。
ピンク色…柔らかで優し印象を与える色。幸福や優しいなどの印象を与え、幼稚や不安定などの意味を持つ。
青色…落ち着いた知的な印象を与える色。信頼や誠実、知性などの印象を与え、その他に冷酷や寂しさといった意味を持つ。
緑色…穏やかな気持ちを感じさせる色。安息や癒しなどの印象を与え、受動的や保守的などの意味を持つ。
紫色…想像力をかき立て神秘的な印象を与える色。高貴さや優雅さ、神秘などを感じさせ、一方で不安定や孤独などの意味合いも持つ。
茶色…堅実さや信頼感などの印象を与える色。伝統や堅実、温和などの印象を与え、 地味や退屈などの意味を持つ。
灰色…穏やかで控えめな印象を与える色。上品や落ち着きなどを感じさせ、、無気力や憂鬱、地味などといった意味を持つ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る