実際いくらかけてる?30代独身男性の平均的な「保険料」とは?
582 ❤

独身で30代にもなると、少しずつ生活に余裕が出てくる男性も多いのではないでしょうか?

またこの世代になると徐々に話題にあがってくるのが「保険料」の話です。
同期で結婚して子供のいる男性であれば保険に入っている仲間もいるでしょうし、大学時代の友達の中にも何人か入っている人がいるはずです。

「ちょっと興味があるけど、そんな保険に入ればイイの?」…
「月々いくらかかるの?」…
と疑問を持っている人も少なくないでしょう。

そこで今回は30代独身男性の平均的な「保険料」についてのお話です。


30代独身男性でも保険が必要?


1052
20代の若いうちは身体の健康を気にすることなく過ごせる人も多くいますが、30代になってくると体力も衰え、健康診断で引っかかったり風邪が治りにくくなるなど、体調面での不安も大きくなってきます。
中には早いうちから保険に加入している人も少なくありません。保険に加入することでもしものときの収入減に対する対策ができ、安心して生活ができるようになります。

特に独身生活をしていると長期で働けなくなった場合に生きていくことすら困難になってしまうことがあります。
実家で生活をしていれば住居の心配をする必要はありませんが、健康上の問題から長期で収入がなくなったり減ってしまうと、住居すら失ってしまうリスクがあるのです。

若いうちに加入したほうが保険料は安い傾向がありますので、健康が心配な人では20代から保険に加入している人も少なくありません。
30代では3大疾病病にかかるリスクも上昇しますし、長期の入院となった場合は入院費用も莫大になることがあります。




Sponsored Links


30代独身男性の平均な保険料


209
保険はお金に余裕がある人がするものという考えがありますが、実はそうではありません。
お金に余裕がある人はもし入院して手術をするようなことになっても、自腹でなんとかすることができますが、そうできない人のためのものなのです。

独身男性の場合月々数千円程度の保険料から加入することができます。
ただし内容もしっかりと確認してから加入するようにしましょう。

病気によっては適用されないものもありますので注意が必要です。
平均的には3000円程度の保険料のものに加入している人が多くいます。

しかし周りの平均的な保険料から判断して加入することはおすすめできません。
健康状態は人それぞれ違っていますので、ガン家系であれば3台疾病対策としてなど、個々の状況にあったものを選ばなくてはなりません。

日本人の死因の55%は3台疾病病のいずれかとなっていますので、病気のことを心配して不安な生活を送るよりも保険に加入して安心して生活をしたほうがおすすめでしょう。




Sponsored Links


30代独身男性におすすめの保険とは?


539
世の中にはさまざまな保障タイプがありますが、どういったものを選んだら良いのでしょうか。

まず、入院した場合の支払い日数に注目です。
脳梗塞やくも膜下出血など脳に関わる病だった場合、平均入院日数は3ヶ月を超えることもあります。

60日タイプのものでは賄いきれませんので、脳の病気が心配であればさらに長期のものを選ぶと良いでしょう。
独身男性では女性と比べても生活習慣病のリスクが高く、早い人であれば30代でさまざまな合併症を引き起こしている人もいます。

健康なうちに加入すれば保険料も安く済みますが、さまざまな病歴があると金額も高くなってしまいます。
中には病歴があっても加入することができるものもありますが、やはり健康なうちに加入しておくのがおすすめでしょう

男性の中でも特に生活習慣が乱れている人の場合、症状が出る前に加入しておくと良いでしょう。
若いうちは500円程度のものもありますが、ライフスタイルに合わせてプランを変更できるようなものも良いでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る