足の仕草でわかる女性の心理…「蹴るような動作」の意味とは?
64 ❤

あなたはこんな女性を見たことはありませんか?
女性が組んだ足をポンポンと上に「蹴るような動作」をしているところを…
この動作は、一体どんな意味を持っているのでしょうか?

ニーレンバーグとカレロの「ひとの心を読む技術」(日本生産性本部)によれば
この仕草は、「お前は、もう、あっちへいけ!」、「もう、その話をやめろ!」といった意味になるらしいのです。
またFBI捜査官のナヴァロも同様の指摘をしています。

「蹴るような動作」は、要するに目の前にいる人物への「嫌悪」なのです。
私たちは、気に入らない相手のことは、「蹴り飛ばしてやりたい!」と思ってしまいます。
しかし、現実にそんなことをすると、暴力をふるうことになるので、犯罪者になってしまいます。

そのため、ごく普通の理性と常識を持ち合わせた人なら、相手のことを「蹴り飛ばしたい」と思っても、さすがにそんなことはしません。
けれども、人間の身体というのは、いくら我慢しても、わずかに微妙な形でホンネが表現されてしまうのです。

それが、組んだ足のつま先をポンポンと軽く蹴り上げるような仕草となってあらわれるのです。
「ふ~ん、そうなんだ、おもしろいね。」などと口では言っていても、組んだ足のつま先をポンポンと蹴っている女性がいるとしたら、やはり彼女も退屈しているか、嫌われている可能性があるのでしょう。

合コンで、気に入った男性が一人も見つからずにつまらなさを感じている女性陣たちは、数人でまとまって足をポンポンと蹴っていたりすることもあります。
こんな場合には、1次会だけで早々に切り上げた方が無難でしょう。

また授業終了時間になっても、先生がいつまでも授業を終えてくれないとき、生徒たちは足をポンポンと蹴るような仕草をし始めるのも同じです。
彼らは、「もうチャイムが鳴ったんだから、話をやめろ!」というホンネを、つま先で蹴ることによってあらわしているのです。

なお、机の下に相手の足が隠れてしまっている場合には、つま先を蹴っているかどうかを見てとることはできません。
しかし、そんな場合には、相手の指に注目してみましょう。
指先で机をトントン叩いていたら、足を蹴っているのと同じで、やはり不愉快さを感じているとみなして良いのでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る