脱サラして起業すると補助金が出るお得な職種があった?!
1328 ❤

ビジネスマンの新たな道…
それは転職!…だけとは限りません。

脱サラして起業するという働き方もまた新たな道になります。
そこで脱サラして起業すると補助金が出るお得な職種に関してご紹介しましょう。


脱サラして起業すると出る補助金の一覧


1277
会社でサラリーマンとして働くことをやめて、自分でビジネスを立ち上げたいと望んでいる人は多いものです。
脱サラして自分の会社、あるいは店舗を持つという、一国一城の主を目指したい気持ちは、決して珍しいものではありません。

昨今は行政でもそういった思いをくみ取り、補助金や助成金の形で起業をサポートする気運が高まってきています。
代表的なものとしては、創業促進補助金があります。

これからビジネスを立ち上げるとか、第二創業するにあたって、最大200万円の補助が受けられるというものです。
ほかにも、ものづくり・商業・サービス補助金、小規模事業者持続化補助金、販売力強化(地域力活用市場獲得等支援事業)、特定求職者雇用開発助成金、トライアル雇用奨励金、キャリア形成促進助成金、両立支援助成金などと、実に多くの公的支援が受けられるのです。




Sponsored Links


脱サラして起業するとお得な職種一覧


1278
脱サラして自分で起業し、お得感が得られる職種には多くのものがあります。資格が必要ではありますが、弁護士、公認会計士、税理士、司法書士、医師、理容師等々です。

あるいは、プログラマーやシステムエンジニア(SE)、ウェブデザイナー、カメラマン、翻訳家、コンサルタント、ファイナンシャルプランナー、保険代理店などの形で働いているという事例も多いです。

ほかにも、物販店、飲食店、娯楽施設などの経営、貸金業や投資アドバイザーなどの金融業でも、元は会社員であったという人が少なくありません。
さらに、デイトレーダーのように、わずかばかりの着手金さえあれば、誰でも始められる職種もあります。人間関係の煩わしさに悩まされることもなく、仕事に一心不乱に向き合えます。

このように会社員を辞めて自分でビジネスを起こしている事例は非常に多いです。
現実に多くの脱サラ経験者が多彩な職種で活躍しています。




Sponsored Links


まとめ


1280
企業組織の論理の中で人間関係に苦しみながら仕事をしているサラリーマンは、実はかなり多いです。
だからといって、会社を辞めて独立するのには躊躇するものです。
自分で仕事をすることに非常な困難さを感じるからでしょう。

とはいえ、昨今は終身雇用や年功序列といった日本的経営慣行は崩れつつあります。
行政でも、独立を支援する動きを明確にしてきており、起業する人への補助金や助成金の制度が拡大しつつあるほどです。

また、実際に脱サラして起業した結果、さまざまな職種で相応の業績をあげている実例は枚挙にいとまがありません。
コミュニケーションをとるのが苦手な人にとっては、会社組織の中にあって上司や同僚のことを気遣いながら仕事をすることに耐えがたい思いを持っている人もいることでしょう。

たった一度の人生で、自分らしい生き方をするということは決して夢物語ではありません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る