ビジネスSNS「Wantedly」と「Wantedly Feed」とは?

ビジネスSNSの「Wantedly」と「Wantedly Feed」をご存知ですか?
日夜、登場しているのではないかと感じてしますほどSNSは進歩しています。

中でもビジネス向けのSNSと言えば「Wantedly」と「Wantedly Feed」です。
今回はこの「Wantedly」と「Wantedly Feed」について学んでみましょう。


wantedlyとは?


1263
wantedlyとは、給料や採用条件では無く「一緒に働いて共感できる」考え方の近い人に対して呼びかけを行うツールです。
求人情報だけでは伝わらない、実際の仕事内容や働いている人の考えについて情報共有し、賛同してくれる方に対して発信を行うサービスです。

能力やスキルだけでは無く、一緒に働いて大丈夫かの感覚を求める企業に向いている求人サービスです。
ソーシャルメディアを通じた繋がりで、人材を欲しがっている企業と、自分に合っている企業で働くことを考えている人をマッチングさせるWebサービスとして、急速に認知されてきています。

応募してから面接では無く、メッセージをやり取りしてランチをして話を聞くという、今時の採用スタイルが人気になっている理由です。
お互いにとって不幸の無いような、ソーシャルメディアを利用して、採用をするための求人サービスなのです。




Sponsored Links


Wantedly Feedとは?


1052
WantedlyFeedとは、会社で働いている人が、日々感じていることの発信を行うことで、共感を得てもらう方に情報の発信を行うサービスです。
企業に興味を持っている方に、実際に働いている人が、どのように感じながら仕事をしているかについて参照ができるのが人気の理由です。

その企業に興味は持っているけれど、実際には、どんな仕事をしているのか、どんな事を感じながら仕事をしているかについてを、事前に求職者は参照をすることが可能になるのです。
働く人の情報共有の場として、今までには無い求人サービスのスタイルとしてWantedlyは認知されてきています。

WantedlyFeedとは、働いている人がブログのような感覚で、自分の感じている事を発信し、その企業に興味を持つ方が参照して応募するかを検討するという、ソーシャルメディアの時代にあった求人サービスなのです。




Sponsored Links


まとめ


1265
wantedlyとは求人する企業と、その企業に興味を持っている企業をマッチングさせる、ソーシャルメディアを利用したサービスです。
そして、Feedとは働いている人がブログを書くような感覚で、自分が仕事上で感じていることを発信し、その企業に興味を持っている人が参照するという、無駄の無いマッチングを行うために作られたソーシャルメディアを利用したサービスです。

wantedlyとは、今までのような、応募条件や求人内容を掲示して、興味を持った人間が応募する求人スタイルでは無く、実際に働いている人が感じたことを発信しながら、その内容に興味を持ち、共感を得た人が応募することで、最適なマッチングを出来るようにすることを目的にした、新しい求人のスタイルです。

働いてから、雇ってから、お互いがマッチングしないのは不幸なものです。
間違ったマッチングを極力防ぐための新しいサービスです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR

PR

ページ上部へ戻る