彼女が訳がわからないところで怒り出した時の対処法とは?
59 ❤

付き合っている女性が、訳がわからないところで急に怒り出した経験はありませんか?

普通に話している時に突然、女性が怒り出してしまった…
そのような経験がある方も多いのではないでしょう。

男性は、女性が何に対して怒っているのか全くわからず、一方的に怒っている女性を唖然として見つめるだけ…
挙げ句の果てには、女性は怒りの興奮がおさまらず、「顔も見たくない!」などという言葉を投げつけてくる…

男性にとっては、訳がわからないところで突然キレられて、そんなことを言われたら、カチンときてそのまま別れを選んでしまう…
と言うこともあるのではないでしょうか。
しかし、些細なきっかけで、さらに訳がわからない理由で、別れを選んでしまうことは非常にもったいないことです。

そこで女性の本心を知っておくと、女性が突然怒り出した時にうまく対処ができ、無駄に別れを選ぶことなく、逆に女性にとって決して手放したくない男性となります。




Sponsored Links


彼女が訳がわからないところで怒り出した時の対処法とは?


普通に会話をしていた…と思ったら、思わぬところで彼女が怒り出しました。
そして、勢い余って、「顔も見たくない」、「別れたい」などと言い出す…
そんな時、あなただったらどうしますか?

そして突然、「別れたい」などと言われたら、「じゃあ別れよう」と売り言葉に買い言葉で、ついついそのように言ってしまう人も多いのではないでしょうか。
しかし、その言葉を発した当の彼女は、そんなつもりはまったくなかったりするものです。

女性は一般的に、男性よりやさしいとされているので、普段優しい彼女が突然怒り出すと、男性はそれを恐怖に感じます。
そして、彼女の「別れよう」と言う言葉に、あっさり同意してしまう男性も少なくありません。

ですが、女性の方としては、本心は全く別れる気はなく、「えっ、こんなに簡単に別れるの?」と不思議に思ったりします。
女性が「怒る」のは、日常でよくあることなのです。

さて、では女性はなんで突然怒るのか?…
女性はどんな相手でも、接しているうちに少しずつ不満が溜めています。
普段の優しさは、相手に対する譲歩もあったりします。

たとえばケンカした時には、その場の雰囲気を悪くした、というだけで謝ったり、男性のやりたいようにやらせてあげたい一心から譲歩してガマンを重ねたりします。

ところが女性はこういう譲歩の裏側で、不満を少しずつ溜めていっているのです。
そしてその不満は、ある一定レベルまで溜まった時点で爆発します。
女性と長く付き合っている人は、必ず経験しているのではないでしょう。

しかしこの爆発は、どんな女性にも定期的に起こります。
そして、このような爆発を止めれる男性は中々いないでしょう。

ですので彼女が爆発しても、決して過敏に反応してはいけません。
なだめたり、じっくり話を聞いたりすれば、彼女はじきに落ち着き、普段の優しい彼女に戻ってくれます。

彼女が怒り出したのは、心を開いてくれている証拠…
そう思って、彼女の不満をやさしく受け止めてあげてください。

そしてもし怒った勢いで「付き合わなければよかった」、「別れたい」などと言われた時…
その時、実は言葉を発している彼女自身が、自分がどういう感情にあるのかわかっていなかったりします。

ただ単に感情が高ぶっている…
と言うだけで、本音ではありません。

そんなことを言われたら、彼女の言葉を真に受け、ついつい勢い任せに「別れたいんだったら、別れよう」といってしまいそうですが、売り言葉は買わないことが賢明です。
突然怒り出した彼女に逆ギレして、「じゃあ別れてやるよ!」なんていうのはもってのほかです。

心から好きになった女性を、そんなことで失ってはもったいないです。

こう言う時は、男性は大きな広い心を持って、彼女を受け止めてあげなければなりません。
男性側が余裕を持ってうまくかわしていく、そんな工夫が、彼女と長く付き合っていくには必要です。

受け止めるというのは、聞き流すことではありません。
怒りに任せて出た女性の言葉はたいていの場合、本心ではありませんが、怒った彼女を見て「ああ、始まった。ハイハイ」などとないがしろにすると、不満爆発から本気の「不満暴走」に切り替わります。

そうなると、残念な結末になりかねません。

あなたがやさしい気持ちで、そして、広い心を持って正面から向き合い、うまく彼女の気持ちを抱きしめてあげることができれば、徐々に女性の気持ちは治まってきます。

そして、時が経ったら、彼女はきっとあなたにそっと感謝をしてくれます。

怒っている時の彼女の言葉を、真に受けないようにしましょう。
そして彼女が落ち着くまで、ゆっくり待ってあげ、落ち着いたらそっと抱きしめてあげましょう。
これこそ、一番の対処法となるでしょう。




Sponsored Links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る