振り向かせたい女性には「好意を示すだけ」でイイの?!
342 ❤

好きな女性ができると、男性なら誰しもが次の段階として、その女性を振り向かせたい!…
と思うものですよね。

まずは連絡をマメに取り合って、デートに誘って、何回がデートを重ねて、頃合いが良い頃に告白…
頭の中では、彼女を振り向かせるまでの計画はバッチリです。

しかし、いざ「連絡を取ろう!」、「デートに誘おう!」と思っても頭の中でのシュミレーションはバッチリなのに行動に移せない…
最近はそのような、積極的思考はあっても、積極的行動ができない男性が実に多いようです。

なぜ頭の中で様々な計画を練ることができても実際に行動するとなると、できないのか?…
それは、男性には圧倒的に勇気がないのです。

もちろん女性に慣れていて、好きな女性ができたり、タイプの女性を見つけるやいなや声をかけたり、積極的にどんどん誘う男性も中にはいるでしょう。
しかし、それはあまり本気ではなく遊びの範疇か、本能で動いていることが多いのです。

多くの男性の心理は、好きな女性であればあるほど、行動には移せないものだからです。

しかし、それではせっかく好きな女性、振り向かせたい女性が現れたのに、非常にもったいない話です。
そこでここでは、振り向かせい女性ができた時に、まず何をすれば一番効果的なのかをお話したいと思います。




Sponsored Links


振り向かせたい女性にはまず好意を示すだけに止めるべし!


振り向かせたい女性ができた時に絶対条件として、まず覚悟していただきたいことは、勇気を持つことです。

いくら頭の中で積極的な行動を繰り広げていても、実際にそれを行動に移さないと、絶対に相手には伝わりません。
勇気を出して、まずは相手に好意を伝えることです。

なぜなら、「女性は男性に好意を伝えられると、その男性を特別な存在として感じる」からです。
「この人、私のことが好きなんだ」と感じたら、度さえ超えなければ、友人・知人レベルから彼氏候補にポジションがアップする可能性が高まります。

女性は人の感情を受け取る能力に長けています…
人間は人の感情を受け取ると、それに対して同じような感情を相手に返そうとする心理特性があるのですが、特に女性はこの性質を強く持っているため、自分に好意を持ってくれた相手に対して、特別な気持ちを抱きやすくなります。

ですので、まず相手に好意を伝える、ということはとても大切なことなのです。

しかし、やみくもに「好き好き攻撃」を仕掛けられると、好意を通り越して引いてしまいます。
好きになると周りや相手の気持ちが見えなくなってしまい、気づいたら自分の気持ちばかりを押し付けすぎていた…
ということが恋愛にはよくありますからね。

そこで、相手に好意を示す際に、男性が必ず守るべきルールがあるのです。
そのルールとは、「決して彼女に気を遣わせないこと」です。

あなたが向けた好意に対して、女性が気持ちよく反応できるのは、「気を遣わなくてもいい時」のみだと考えましょう。

例えば、好きだからといって、突然デートに誘ってしまうと、「好意はありがたいけれど…」と、彼女は気を遣ってしまいます。
本当にスケジュールが空いていない時でも、断ることに気を遣うようになります。

さらには、お土産やプレゼント攻撃…
どこか旅行などに行く機会があれば、「この間〇〇に行ってきたお土産なんだけど、よかったら…」とさりげなく渡すのであれば問題ありませんが、意味もなく乱発すると、「この人からこんなにものをもらう義理はないんだけど…」と思われ、悪影響となってしまいます。

好意を持ってくれた喜びよりも、相手に対して気を遣うという気持ちが上回り、「あの人、ちょっと疲れるかも…イヤだなあ」と、不必要に神経をとがらせなければならなくなり、心が疲れてしまうのです。

ですので、より効果的なのは、「好き」という気持ちを示したいなら、まずはシンプルに「好意」だけを伝えることです。
それも見返りを求めない軽い伝え方に限ります。

よくやりがちなのが、プレゼントをあげたんだから、「少しは気持ちを開いてくれただろう」、「次のデートは遅くまで付き合ってくれるだろう」…
などと、よこしまな考えを抱いてしまうことです。
見返りを求めてしまうと、良い方向へは向きません。

このようなルールを守りさえすれば、男性が好意を伝えることによって、女性は喜びを感じてくれます。
女性とはそういう生き物なのです。
まずよっぽどでない限り、好意を示されて嬉しくない女性はいませんからね。

勇気がないという理由で、好きな気持ちを伝えないのは大変もったいないことです。

まず一番大事なことはさりげなく気持ちを伝えること…
まずはそこに集中して、デートなどの戦略を練るのは、その後にしましょう。




Sponsored Links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る