ワラスの4段階説から劇的なアイデアを生み出すべし!
624 ❤

効果的にアイデア発想をしたときに…
発想の準備から具現化まで流れを把握したいときに…
この「ワラスの4段階説」が有効です。


「ワラスの4段階説」とは?


1789
ワラスの4段階説とは、アメリカの心理学者ワラスが考察した思考プロセスのことです。
ワラスの4段階説では、以下の4つのプロセスで創造的なアイデアを発想することができるのです。

アイデア出しには準備が大切…
アイデアの誕生を逃さずに、芋づる式に引き上げてるデキるビジネスマンのテクニックなのです。




Sponsored Links


ワラスの4段階説


1788
➀準備段階
精神的な準備と物理的な準備をしている状態

➁孵化段階(あたため)
準備段階で集めた情報などが脳内であたためられて、無意識下でアイデアの発酵が進んでいる状態です。

➂アイデアの誕生と保護(ひらめき・啓示)
突然アイデアがひらめく状態…
誕生したアイデアを否定せず、さらなるアイデアへ芋づる洋式に発想していくことが大切です。
この時に備えてメモ帳を忘れずに。

➃具現化と検証
誕生したアイデアを吟味して、これだと感じるものについて具体性や有効性を検証します。

アイデアは、ただ頭をひねっているだけでは、なかなか生まれません。
準備を疎かにせず、無意識の力を引き出す工夫も行います。

そうして一度出たアイデアはどんどん引き上げ蓄積…
そうやってワラスの4段階説が示す内容をシステマチックに実行することで、有意義なアイデアを効率よく生み出すことができます。




Sponsored Links


ワラスの4段階のシステム


1787

1:準備段階
精神的な準備(創造性と活かしたいという気持ち)と物理的な準備(情報収集や問題の分析、再定義など)をして、アイデアの降臨をイメージします。

2:孵化段階(あたため)
準備段階の材料や気持ちをあたため、無意識の知的活動でアイデアが生まれるのを待ちます。

3:アイデアの誕生と保護(ひらめき・啓示)
アイデアが出てきたら、妨害せずにどんどん広げます。
大量に芋づる式に絶対否定せずに、忘れないように書き留めるのも重要です。

4:具現化と検証
大量のアイデアを吟味して、目星をつけたものの実現性や有効性を検証します。
ここはアイデアを誕生させるのと同じぐらい重要なプロセスとなるのです。

アイデア誕生には、上記の4つのプロセスがあり、それぞれをシステマチックに行うことで効率の良いアイデア出しが可能になるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る