遅刻(寝坊)や無断欠勤(体調不良)…そんな時の始末書の書き方を例文から学べ!
975 ❤

遅刻で寝坊や体調不良で無断欠勤…
デキるビジネスマンなら、あまりに何度もしてはいけませんが、どうしても仕事を続けていると気を抜いてしまうこともあります。

たとえば遅刻(寝坊)や無断欠勤(体調不良)…
もし、そんな時に必要な始末書や念書の書き方を例文から学んでおきましょう。




Sponsored Links


無断欠勤(体調不良)の始末書の書き方


1383
体調不良で無断欠勤してしまった時の始末書の書き方の例文です。

始末書

平成〇年〇月〇日

総務部長
△△様

総務部 □□(自分の名前)

私は平成〇年〇月〇日、会社に連絡せず無断で欠勤いたしました。
社会人にとってあるまじき行為であり、大変反省しております。

その前日、体調不良であったにもかかわらず、飲酒をしたうえ泥酔し、当日の夕方まで寝過ごしてしまいました。
私の軽挙な行動と自己管理の不徹底がすべて原因です。

会社には業務上のご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。

今後、自らの生活を律し、二度とこのような過ちをおかさぬよう、固くお誓いいたします。
なにとぞ寛大なご処置を賜りますようお願い申し上げます。

以上




Sponsored Links


遅刻(寝坊)の念書の書き方


1382
寝坊で遅刻してしまった時の念書の書き方の例文です。

念書

平成〇年〇月〇日

営業部長
△△様

営業部 □□(自分の名前)

私は、去る平成〇年〇月〇日~〇月〇日の間に度重なる遅刻をいたしました。
△△部長はじめ営業課の皆様に多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

これはすべて私の怠慢によるもので、深く反省しております。
今後は社員の一人としての自覚をもち、二度と遅刻しないことをここに誓います。

以上

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る