なぜか仕事で「出世できない人」の見落としがちな3つの特徴
548 ❤

エッジの効いたビジネスマンであれば早々と出世して、大きな仕事を任せられるようにならなければいけません。
しかし出世できる人がいるということは、一方で出世できない人もいるということになります。

さて、それではそんな「仕事で出世できない人」とは一体どういった人なのでしょうか?…
もちろん一番は「成果・成績を上げられない」というものですが、どうやらそれだけではないようです。


仕事で出世できない人の特徴その1「長所がない」


3013
仕事で出世をできない人の特徴として、長所がないというものがあげられます。
可もなく不可もなくであっても、良いところがないとなかなか上に這い上がるということはできません。

与えられた仕事はできて当たり前、その上でどれだけプラスアルファがあるかということが求められるわけですが、それがないのであればやはり出世というのは見込むことができなくなってしまいます。
そのため、上に上がりたいと思うのであれば他の人にはない何か長所を身につけることが重要となります。

簡単なことではありませんが、人と同じことをしているのであれば出世できないのは当然のことであり、長所がないのであれば上に行くことを諦めるよりほかありません。
逆に言えば何かひとつ長けていることがあるだけで、上に行くことも可能となりますから出世できないと諦める前にその辺のことをよく考えてみましょう。




Sponsored Links


仕事で出世できない人の特徴その2「定期的にミスをする」


2617
誰でもミスはあるものですが、定期的に大きなミスをしているような人も出世できないものです。
能力的にそれほど問題が内容に見えても、定期的にミスをしている場合にはどうしても信用が少なくなってしまいますから、このような人も昇進を諦める必要が出てきます。

ミスを完全になくすことはできませんが、最小限に抑えることはできるわけでそれができないということは注意力がないということになりますから、そのような人に大きな仕事を任せるということは難しいものとなってしまいます。

小さなミスであれば挽回もききますが、良い訳がきかないぐらいに同じようなミスをしているのであれば、出世は望めないと考えたほうが良いでしょう。

どれだけ仕事ができるにしてもミスが多いというのは、社会人としてもっとも重要な信用を失うものとなってしまうので、そのような人は出世できないのです。




Sponsored Links


仕事で出世できない人の特徴その3「覇気がない」


3017
出世できない人の特徴として、覇気がないというものもあります。
仕事に対する意気込みというのを感じることができなければ、やはり何かを任せることは難しいものですからこのようなタイプも出世ができません。

ただし、覇気がない人はそもそも向上心がなくすでに諦めているというケースもあるので、会社にしがみついていることができればいいと考えている人も少なくありません。

むしろこのような人たちというのは、上に行くことを嫌っているところがありますから極力目立たないようにして会社に居場所が無くならない程度に手を抜いて、なんとか立ち回ろうと努力をしている事が多いものです。

今の時代は昇進をすれば待遇は変わらずに責任だけが重くなってただきつくなってしまうだけということは珍しくありませんから、あえてガツガツと出世を望まない覇気のない人も少なくありません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る