小物でオリジナルのビジネスマンになろう!ネクタイピンやカフスボタンで個性を表現化
784 ❤

サラリーマンとして会社に属していると、どうしても自分のファッションセンスを普段のスーツ姿に反映させることが出来ないという事もあるものです。
もちろんアパレルやテレビ業界、建築業界などといったいわゆる「堅くない」仕事に就いているビジネスマンであれば、スーツさえ着ないで仕事をすることも少なくないでしょうが、やはり一般的にビジネスマンのユニフォームと言えばスーツとなります。

そこで、おしゃれを取り入れながらもきちんとした印象を与えるビジネスマンになるためのコツを、ここではご紹介していきたいと思います。

まずは会社の上司や先輩などが、どのようなスーツや小物を身につけているかをよくチェックしておきましょう。
そうすることにより、自分の会社の中での基準や、だいたいどの程度までアレンジを出来るかを把握することが出来るからです。


エッジの効いたビジネスマンを目指す「ネクタイピン」


150
ビジネスマンにとってお洒落なワンポイントアイテムに一つに「ネクタイピン」があります。
ネクタイピンのブランドも様々で、「Paul Smith」や「バーバリーブラックレーベル」、「TAKEO KIKUCHI」などたくさんの種類があるのです。
おすすめのブランドは下記の5つです。

Paul Smith(ポール・スミス)

バーバリーブラックレーベル

TAKEO KIKUCHI

GUCCI

giraffe


エッジの効いたビジネスマンを目指す「カフスボタン」


149
また、ネクタイピン以外にビジネスマンのワンポイントと言えば「カフスボタン」でしょう。
おすすめのブランドは下記の5つです。

Paul Smith(ポール・スミス)

SIMON CARTER(サイモン・カーター)

TATEOSSIAN(タテオシアン)

MONTBLANK(モンブラン)

BURBRRY(バーバリー)


まとめ


1076
例えばネクタイピンやカフスボタンなどは、割と自分の趣味を取り入れやすい小物としても知られているので、そのようなアイテムにこだわりを持って毎日のファッションコーディネートをするという楽しみもあります。

ネクタイピンとカフスボタンの色やデザインを同じものにする事も出来ますし、ネクタイのデザインやYシャツの色などとコーディネートしてみることも出来ます。

カフスボタンは、シャツによっては付けることの出来ないタイプのものもあるので、自分の持っているシャツをチェックしてみることも大切です。
小物選びは、彼女と一緒にデートのときにするのも楽しいものです。

女の子の目から見た意見を聞けるのもメリットですし、彼女の持っているアクセサリーと似たネクタイピンを選んだりすれば、お揃いで楽しむことも出来たりします。

このように小物にこだわりを持っていると、自分のアイデンティティを表現することも出来るために、どのような人間かという事を周りに知ってもらえますし、仕事をする上でもそれが有利に働くことも少なくありません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る