豪華?質素?平均年収が500万円ある人の生活はどんな生活をしているのか
949 ❤

突然ですが「平均年収が500万円」と言われると多いと思いますか?、それとも少ないと感じるでしょうか?…

平均年収が500万円というと、少なすぎず多すぎない額という印象があり、日常生活を送る分には質素な生活をする必要のない額ですがあまり豪華な生活はできません。

また独身だったり一人暮らしをしている方の場合は、ある程度なら娯楽に費やすことができる一方で、家族を持っている世帯だと同じようにはいきません。
今回はそんな平均年収が500万円の人の生活を探ってみました。




Sponsored Links


平均年収が500万円の人の生活ってどんな感じ?


145
統計によると平均年収が500万円以上の人で、妻も平均年収400万円以上を稼いでいるという割合は12パーセントと低く、ほとんどが専業主婦です。
そのため自分の年収がそのまま家族のお金になるわけですが、その場合はどのような生活ができるかを考えてみると…

まず光熱費で月2万円程度かかり、住宅費が10万円程度、通信費が1万5千円程度、食費が5万円程度、日用品が1万円程度、生命保険が1万円5000円程度、雑費が1万5000円程度、教育費が1万円程度、そして小遣いが3万円程度、貯金が3万円程度となると、ほとんど給料が残りません。

もし家のローンがなければ小遣いや貯金から自分のしたいことに回すことができてある程度豪華な生活を送ることが可能かもしれませんが、家庭を持つと家だったり車だったり何かと一気にお金が必要になってくることがあるので、将来に対して慎重に年収を使わなければいけません。

そのため、豪華とは少し遠い質素な生活を送っている方も多いです。
しかし質素といっても年収500万円なら十分に生活をしていくことはできるので、無駄を減らして計画的に生活を送っていれば、旅行やプレゼントなどいざという時に豪華なことができます。

この少なすぎず多すぎない額は、満足をしていない方も多いようですが、安定した生活を送るには不自由せず、ある意味人間らしい生活を送ることができる額だと考えられます。

ちなみに独身の場合ですと、贅沢をしていなければ日常生活を送っていても家庭を持っている方よりは貯金に回せる額は増えてきますが、1人暮らしだと割高になることもあるので、全員が良い生活を送れるとは言い難いかと思います。




Sponsored Links


平均年収が500万円の職業


148
さて、そんな平均年収が500万円だとされる職業に関しても挙げてみました。
もちろん、こちらは年齢や役職などによってもかなり左右されますので、概ね平均年収500万円と言われている職業になります。
◇薬剤師
◇社会保険労務士
◇化学分析員
◇栄養士
◇港湾荷役作業員
◇自動車ディーラー
◇大学教員
◇専修学校教員
◇Webデザイナー
◇システムエンジニア
◇金属検査工
◇発電・変電工
◇キャビンアテンダント
◇自衛官
◇カメラマン
◇圧延伸張工
◇診療放射線技師
◇臨床心理士
◇機械製図工

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る