CFA(米国証券アナリスト)資格の難易度と費用は?
3013 ❤

CFA(米国証券アナリスト)資格…
エッジの効いたビジネスマンならば、是非とも手に入れておきたい資格です。

今回は、そんなCFA(米国証券アナリスト)資格の難易度と費用に関してご紹介しましょう。


CFA(米国証券アナリスト)資格とは?


2281
CFAとは、Chartered Financial Analystの頭文字を取った英語で、日本語では「CFA協会認定証券アナリスト」ですが一般的には米国証券アナリストとして知られています。

企業や業界全体の情報を分析し、株式投資や債券投資などの証券投資にふさわしい企業であるかどうかを判断し顧客へのアドバイスやポートフォリオ管理を行なうスペシャリストで、この資格は金融サービスが最も発展しているアメリカの協会が認定しているアナリストとして活躍できるものです。

取得には実務経験が必要となるため新卒の学生が受験することはなく、既に証券業界で活躍している中堅社員がステップアップを目指して勉強に励んでいます。
また、近年では、他社への移籍や証券業界への転職に役立てるだけでなく個人の資産運用で活かすためにcfaを取得する人も増えてきています。




Sponsored Links


CFA(米国証券アナリスト)の難易度


2282
cfaの難易度は、国内の証券アナリスト試験よりも高いことで知られています。
出題範囲や問題レベルの高さはもちろん、アメリカの資格であるため全ての試験が英語で行われることも難易度の高さに拍車を掛けています。

試験はレベル1とレベル2、そしてレベル3に分けられ、レベル1は一年に二度開催されるもののレベル2とレベル3は一年に一度しかチャンスがありません。
また、合格基準は一定の得点が定められているわけではなく、毎回の試験で最低基準が変動し、さらに受験者全体の成績も考慮されて決まります。つまり、これだけの特典を取れば確実に合格できるという水準がないのです。

難易度が高いため独学で合格することは困難で、専門学校や通信教育で学ぶことが一般的です。
必然的に取得費用も高くなり、教材費も含めて30万円以上かかることも珍しくありません。




Sponsored Links


CFA(米国証券アナリスト)資格の活かし方


2284
cfaを取得すると、世界中の金融機関で活躍できるようになります。
日本国内の金融機関で証券アナリストとして働いている人の多くは、日本の証券アナリスト資格であるcmaを取得しています。

しかし、cmaは日本のみでしか通用しないため、世界を舞台にグローバルな活躍がしたいと考えているアナリストはcfaを取得するのです。
また、他業種から証券業界に転職する際にも大いに役立ちます。

証券業界は経験が重視されるため転職が難しいですが、cfaを持っていれば一定以上の知識があることが保証されるため、門前払いされることはなくなります。

取得には勉強時間と費用が必要になりますが、取得できれば人生の幅が大きく広がります。
選択肢を増やすという意味でも、多くの時間と高額な費用を支払って取得する価値があるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る