30代サラリーマンがヘアスタイルを決める時に絶対に意識したい3つのポイント
1481 ❤

サラリーマンも30代のになると仕事も慣れてきて余裕が出てきた頃です。
そのため仕事だけでなくプライベートも充実していたいところ…
けれども、これまでずっと仕事を優先するあまり、見た目も無難な仕上がりで満足してしまっている方も多く見かけます。

しかし、ヘアスタイルによってはスーツにもカジュアルにも似合う髪型もあるので、オシャレを楽しみながらスーツをビシッと着こなすこともできます。
少し意識するだけでもだいぶ見た目が変わってきますし、パーマやカラーなども検討している人もいるかも知れません。
そこで30代サラリーマンがそろそろ「ヘアスタイルを変えてみようかな?」と感じた時に意識して欲しい3つのポイントを挙げてみました。


30代サラリーマンのヘアスタイルPOINT「髪の毛の長さ」


220
サラリーマンがヘアスタイルを決める時に、まずポイントになるのが「髪の毛の長さ」です。
どこまで髪の毛を伸ばすかを意識だけでも、仕事に支障がない程度にオシャレが楽しめます。

見た目の清潔感や好印象を与えるヘアスタイルとしては、やはりショートを基準にすべきですが、一口にショートといっても、ベリーショート、ミディアムショート、ナチュラルショートと、さまざまヘアスタイルがあり、バリエーションを変えたヘアスタイルでオシャレを楽しむことができます。
たとえば、いつもはベリーショートにしている方が、ミディアムショートまで髪の毛を伸ばすことで、清潔感にプラスしてフェミニンな印象を与えることができます。

ただし襟足(えりあし)に関しては、短くカットするようにしましょう。
襟足がスーツの襟に掛かっていると清潔感が失われてしまいますし、スーツ全体のバランスも頭に重みがあるように感じて、崩れてしまって格好悪く見えてしまいます。

特に最近の流行は襟足を短くして、清潔感+スタイリッシュに見せる傾向にあるので、間違ってもフケの出やすい人などは、スーツにフケが付きやすくなってしまうので、この点は十分に意識しましょう。
ある程度の社会人経験を経た30代サラリーマンであれば、髪の毛の長さは一番気にしなければいけない重要なポイントになるのです。




Sponsored Links


30代サラリーマンのヘアスタイルPOINT「パーマ」


218
さて髪の毛の長さが決まればヘアスタイル…となるのですが、その前に「パーマ」に関してもポイントがあります。
最近では男性もパーマを当てている人が多く、スーツ姿のサラリーマンでも違和感がなくなって来ています。
きっと街中でもパーマをかけているサラリーマンを良く見かけると思います。

むしろストレートで髪の毛をボサッと伸ばしているよりも、たとえば前髪にソフトパーマを当ててウェーブ感を出すことで、女性受けもするのでおすすめなのです。

ただし、ガチガチのパーマは営業職などでは上司から指摘されることもありますので、オシャレとビジネスとのバランスは意識しておくべきでしょう。
あまりにもカジュアルになり過ぎても、サラリーマンとしてはデメリットになりかねませんのでそこは要注意です。

自分の髪のクセや職場の仲間などがどのようなパーマをあてているかなどをしっかりと分析してから、パーマに挑戦するようにしましょう。
感覚としては「すごい癖毛(くせげ)?」、「天パ?」と思われない程度に、特に最初は軽くあてるように心がけましょう。


30代サラリーマンのヘアスタイルPOINT「カラー」


219
ヘアスタイルを考える際に、カジュアルな場合であれば「ヘアカラー」も一緒に考える男性も少なくないかと思います。
しかしヘアカラーは仕事とプライベートの境界線でもあり、「とても職場で髪を染めていくのは難しい…」という場合もあるでしょう。

この判断基準ですが、結論から言えば「社内に髪を染めている人がいなければNG」だと思った方が良いでしょう。
男性の場合、デザイン事務所やファッション関係、最先端のIT系企業などでもない限り、ヘアカラーが自由な会社は少ないかと思います。

その理由は、そもそもとても違和感があったり、軽い感じに見られて会社の信用にも関わるからです。
しかも髪の毛の長さやパーマと違って、明らかに自分の意志で髪を染めているので、固い会社であればそれだけで人間性を疑われてしまう事も少なくありません。

ですのでヘアカラーを検討している場合は、“それ相応の覚悟”を持って挑むべきでしょう。
間違っても軽い気持ちで髪を染めて出社すると、社内であなたの見る目が変わってしまうかもしれません。




Sponsored Links


まとめ


221
このようにサラリーマンも30代ともなれば、ある程度の余裕が生まれてヘアスタイルなどでオシャレを楽しむことはできます。
また男性は「30代がモテる」と言われるように、その余裕と20代とは違う大人のオシャレをアピールできる時期でもあります。

たとえば最近の流行としてはミディアムショートが人気で、前髪のボリュームを残してサラリーマンの定番の七三分けにしたりと、ファッション雑誌や街中でも良く見かけるようになりました。

その影響もあって、みんな同じようなヘアスタイルにしたり、あえて違いをつけるためにパーマやカラーを入れたりしている男性も少なくありませんが、一番大事なことは「あなたがどのように見られるか?」という事なのです。

清潔感はあるのか?、スタイリッシュなのか?、ギラギラし過ぎていないか?などなどしっかりと意識して、もし心配であれば美容師さんとも相談しながら、自分らしいオシャレを楽しんで行きましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る