モテる男なら必ずやっている!?男を磨く5つのモテ条件とは?
1777 ❤

女性からモテる男になりたい…
いつまでも女性からモテる男でありたい…
これは世の男性の夢でしょう。

しかし現実はそう人生は甘くはありません。
厳しい女性の目から高い評価を受けるためには「女にウケる」、「魅力のある」男にならなければいけないのです。

そして、そんな男性は恋愛だけでなく、ビジネスの場でも活かすことができるのです。




Sponsored Links


女にウケる男の5つの条件


1702

 

➀マナーを厳守する男であるべし

女性はどんな場合でも、レディとしてあつかわれることを望んでいます。
モテない男性に共通するのは、それが無意識であれ、女性を見下すような態度をとっていることです。

マナーというのは、ウエートレスにも、掃除のおばさんに対してでも、同じように守るのが原則ということを忘れてはいけません。
マナーを守る姿は評価を受け、マナー守らない姿は女性から低い評価を受けるということを忘れてはいけません。

 

➁気の利く男であるべし

ちょっとしたことに気配りできることが大切です。
車通りの激しい場所では車道側を歩かせないとか、雨に濡れてやってきたら、サッとハンカチを差し出すなど心がけてください。

しかし度が過ぎるとうっとうしく思われてしまいます。
たとえば、レストランで、先に自分の料理が来てしまったようなとき、待つのがマナーでも、あまりこだわりすぎると嫌われます。

「お先に」と断って食べたほうがスマートなのです。
気が利くところを見せれば、女性も「自分に対しても気を利かせてくれるかも…」と感じるものなのです。

 

➂ニコニコしているような男であるべし

女性に対して何の売りもないと思うのであれば、まずは表情を豊かにすることを意識しましょう。
名優になるような人は、暇さえあれば鏡に向かって表情づくりの研究をしているといいます。

笑顔が板についている人は、人を引き込まずにはおかない魅力があります。
ヘラヘラでなく、いつも機嫌が良いようにニコニコしていることが大切なのです。

 

➃どんなときにも真剣な男であるべし

ここでいう「真剣」とは、勤勉とかまじめということではありません。
女性に対するとき、相手の希望や要求を真摯に受けとめてあげることです。

たとえば「ちょっと気分が悪い」といいだしたら、たいしたことはなさそうでも、近くに病院がなかったかを考えるのです。
そういう態度に、女性はいたく感激するものなのです。

女性にもてはやされる男がいても気にすることはありません。
自分のペースをくずさず控え目でいる人間に、女は安心感、信頼の気持ちを寄せるものです。

イザというとき消極的なのは困りますが、ふだんは控え目の方が、結果的には質のいい女性が寄ってきます。
どんなに女に自信がないといっても,この五項目のうち1つくらいは実行できるはずです。
それを根気よく実行していれば、その1点をあなたの長所として女性は必ず評価し、心をひらいてくれるはずです。




Sponsored Links


男を磨く4つの処方箋


1826
では、さらにもう一段階上のレベルで女心をつかみたい…
と望む人のための男の処方箋をご紹介しましょう。
それには、次の4つの条件を満たすよう努力するのがよいでしょう。

 

➀華のある男になれ

この典型は長嶋茂雄さんや高倉健さんなどを挙げると分かりやすいでしょう。
彼らの魅力といえば、明るさ、屈託のなさ、専門分野における優秀さ、社交性行動力などです。

一つ一つをとりあげれば、努力しだいで誰にでも持てるものもあります。
しかし、これらがすべて備わったときに、そこに一種の化学反のようなことが起こり、独特の魅力が出てくるのです。
それが華のある男なのです。

 

➁やさしい男になれ

女性が好む男の条件の第一はやさしいことだとよくいわれます。
では、女に親切な男でしょうか?…

これも無条件にそうだとはいえません。
本当の男のやさしさには、次の五つの要素が必要です。

まず第一に文字どおりのやさしさがなければならない。
二番目に上品さがなければいけない。

第三にどこか控え目であること。
四番目にこまかい気配りができる。

第五に自己抑制できなければならない。
これだけの要素がそろってはじめてやさしい男といえるのです。

 

➂感性豊かな男になれ

感性という言葉は、よく使われるわりには、意味するところがあいまいで、人によって受けとり方が異なるようです。
男の感性というのは、仕事、カネ、地位·名誉といった社会的なステータスと離れたところにある男の美学だと思います。

「俺の生き方はこうなんだ」という一種のこだわりを持って、その上で才能を発揮したり、あるいはそれに即した行動をとれるというこ
とです。
そういう男性こそ感性の豊かな男で、女性はそのような男に惹かれるものです。

 

➃女が抱かれたくなる男になれ

男性の究極の魅力とは、たぶん女が抱かれたくなることにあると思います。
つまり男の理想像です。
女性から見た「抱かれたくなる男」とはどんなタイプでしょうか。

それは、現代社会の枠組みの中で立派に通用する実力、教養、知性、常識を身につけた上で、なお野性味を失っていないような男です。
たとえば無人島に流れついても、山で遭難しても、ちゃんと生きのぴられるだけの知恵と勇気を持っているような男のことです。

以上の4カ条を兼ね備えるのは、男としてはかなりしんどいことであるかもしれません。
しかし、これらを目標にすることは、なにも女にモテるモテないの次元の問題だけではなくもっと本質的な、男の生き方にかかわってくるものではないでしょうか。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. And I was just wonierdng about that too!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る