モテる男は知っている!気になる女性から告白させる3つの方法
5301 ❤

告白は男からするもの…
それはある種、常識になっていますが、男も(好みの)女性から告白されれば嬉しい事には変わりありません。

では女性から告白させるにはどうしたら良いか?…
モテる男の秘訣を学んでおきましょう。


女から告白させる方法~その1~


320
なぜいつもモテる男と呼ばれる人には女が途切れないかと言うと、実は女性をいつもストックを保有しているのです。
もちろん浮気しているというわけではありませんし、犯罪的な意味でもありません。

どういう事かと言うと付き合っている最中でも、別の女性が「あの人いいな」と思っており、もし今付き合っている女性と別れることになっても、ストックしておいた女性が次から次へとやってくるため、独り身の期間が極端に短くなるのです。

付き合っているときほど他からのアプローチがあるというのは良くあることですが、これは他の人の所有物が良く見える現象を利用したものです。
隣の芝が青く見えるのと一緒で、ある程度女性の気配を感じる男性は魅力的に見えてしまうのです。

特に女性心理は集団を好む傾向があり、他の人が良いと思っているものを良く思ってしまうことは少なくありません。

モテる男はこの現象を利用し、次々とストックを用意しているのです。
もちろんそれを気づかずにやっている人もいますが、このサイクルを作ることが女性から告白させる方法の一つなのです。

そして女性から告白されれば、男性側は選べる側に回れたり、付き合った時に上位に立てるというメリットもあるのです。




Sponsored Links


女から告白させる方法~その2~


321
相手に告白させる方法に、傷心を利用したものもあります。
働いていれば誰でも失敗はしますし、気分が沈んだりすることもあります。

気持ちが沈んでいるところを癒されると、とても特別な感情を抱いてしまいがちです。
男性は人を好きになるときに顔から入る人も多くいますが、女性の場合は中身から入ることも多いのです。

野獣と付き合う美人がいますが、実はそういう人の中にも顔ではなく中身で惹かれた人がいるのです。
見た目はそこそこなのによくモテる男性というのは、実は人の気を惹くのがとても上手だったりします。気になるその人だけを特別扱いすれば良いというわけではなく、他の人も平等に扱うことも重要です。

自分以外の人にも優しくしている姿を見てしまうと、人間というものは独占欲と嫉妬の塊ですから、自分にもっと優しくして欲しいと思ってしまうことも。

そこまで来たらあと一歩です。
すでに相手は「意識」しだしていますので、じらす時間が相手の気持ちを盛り上げるのです。


女から告白させる方法~その3~


822
女性から告白させる方法として、あなたに告白しなければいけないようなイメージを作ってあげることです。

どういう事かと言うと、例えばあなたが前の彼女と別れたばかりであったり、あまり恋愛に積極的でないという人柄を演じるのです。

別れたばかりで女性に告白するのは良くないので、本当は付き合いたいと思っていても告白できないのだと女性は考えてしまいます。
また彼女と別れたばかりの男性は、ある意味で告白するチャンスが生まれた男性とも言えます。

さらには、これまで女性に告白した事がない…という男性であれば、女性からの告白で付き合って来た事になり、あなたに告白しなければいけないイメージができてしまいます。

そのようなイメージを女性に持ってもらう事で、あなたに告白しなければいけないようなイメージをつけるのです。
そうする事で、これまでの何倍も女性から告白させる条件が整う訳です。




Sponsored Links


まとめ


86
女から告白させる方法は難しいですが、決して不可能な事ではありません。
お伝えした3つの事を意識してもらえれば可能性もグンと上がります。

もちろん、人前で告白させるなんてことはなかなかできませんので、メールアドレスの交換やSNSで繋がったりするくらいのことはしておきましょう。

気をつけなくてはならないのが、社内メールは使わないということです。
実は会社によっては社内メールをチェックしている部署があるところもあり、個人的な関係が筒抜けになってしまいます。

あくまでも女から告白させることに拘るのであれば、ある程度プライベートな付き合いをする時間も用意してあげましょう。

仕事帰りに飲みに行くのはちょうど良いでしょう。
デートの誘いもこちらからではなく、相手からしてくるようであれば上出来です。

共通の趣味があれば相手も誘いやすいので、できるだけ共通点を見つけたり相手の好きなことを褒めて、話題を盛り上げてあげることも大切なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 10月 25日

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る