ビジネスマンが成功するための「七つの習慣」は必見!
927 ❤

ビジネスマンが成功するためには大切な行動パターンがあります。
中でもビジネスマンが会得すべき「七つの習慣」は必見でしょう。

七つの習慣とは全世界で1500万部を超える大ベストセラーとなった「七つの習慣・・・・成功には原則があった」で紹介されているビジネスや人生で成功するためのポイントのことです。

著者のスティーブン・コヴィー氏は、七つの習慣を導き出すために、この200年間に出版された「成功に関する著作」を分析しました。
その結果、アメリカ建国から150年間に出版された成功に関するすべての著書に共通していた成功する条件は、誠実、謙虚、勇気、正義、忍耐、勤勉、節約などによる人格の大切さでした。

そこで、その分析結果から、ビジネスや人生で成功するためには、「個人としての有効性」と「職業としての有効性」の二つをバランスよく兼ね備えていることが重要だと指摘し、以下のようなポイントを実践することを勧めています。

1:前向きで主体性を発揮すること
時々の感情や状況・条件などに左右されず、主体的に自分で行動や対応を選択しよう。
自分の言動に責任をもつことが成功を招いてくれる。

2:何ごとも目的を持って始め最終状況を思い描くこと
自分の方向性や目的をはっきりさせて行動する。
深い信念や主義、真理などを生きる指針とすること。

3:やるべきことや重要事項から取り組んでいくこと
緊急でなくても重要な事柄を優先して行ない、忙しいだけで効果のあがらない状態から逃れ、バランスのとれた生活をすること。

4:WIN-WINの関係を考え全員が勝者となるような解決策を考えること
ともに勝ち、関係者全員が有益となるような解決策を見い出し、満足できる結果を求める姿勢を習慣化すること。

5:相手から理解される前にこちらから相手を理解するように努力すること
コミュニケーションはWIN-WINの人間関係をつくるキーポイントであり、あらゆる分野で成功する基礎でもある。
理解してから理解されることを考え、相手の感情や話の内容を十分に理解することを考える。

6:相乗効果を生み出したり発揮しようとすること
他社との違いを重要視し、違いを活かしてものごとに建設的に取り組むことで、仕事の効果は何倍にもなる。
相乗効果を発揮することでプラス一が三にも十にもなることを教えてくれる習慣である。

7:常に切磋琢磨して自分自身の刃を研いでおくこと
自分の能力を維持、向上させるためには、肉体、知性、社会/情勢、精神の四つを絶えず改善する必要があり、常に革新、改善を求め、学ぶ姿勢を持ち続けること。
それが真の成功を生み出すことになる。

成功する条件として、ここ50年間の書籍はイメージやテクニック、スキルを素早く身につけることが成功への秘訣と説くが、コヴィー氏は、それはあくまでも二次的なものと判断し、行動を裏づける深いレベルとしては誠実と廉潔さがなければならないと結論づけている。
七つの項目を守ることは自分自身を変えるプロセスでもある。




Sponsored Links

◆7つの習慣の成功するための行動パターン
1:前向きである・・・主体性を発揮する
2:物事に着手する時点で最終状況を思い描く・・・目的をもって始める
3:やるべきことからとりかかる・・・重要事項を優先する
4:全員が勝者となるような解決策を考える・・・Win-Winを考える
5:相手から理解される前に相手を理解しようと努める・・・理解してから理解される
6:相乗効果を生み出そうとしている・・・相乗効果を発揮する
7:切磋琢磨している・・・刃を研ぐ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る