夏は「ワイシャツ」の着こなしがビジネスマンの評価を決める?!
154 ❤

主に男性の背広の下に着用するもので、前開きでボタンと襟とカフスがついている白や淡色のシャツ…
いわゆる「ワイシャツ」です。

冬場ならまだしも、夏場になるとこの「ワイシャツ」の活躍の場が広がります。
なぜなら、夏場は暑くなってスーツの上着を脱いだり、クール・ビズ(COOL BIZ)など会社の方針でワイシャツ姿になることが多いからです。




Sponsored Links


夏場の「ワイシャツ」ってどんなものを選んだらいいの?


さて、そんなわけで夏場になれば否応なしに、出番が増えてくる「ワイシャツ」…
特に夏場はどのようなものを選べば良いのでしょうか?

結論から言えば、ワイシャツは白が基本…
変化をつけたいという人は、白に近い色物や、目立たない柄物をおすすめします。
業界によっては派手なものでもOKという会社もあるでしょうが、他社に営業や訪問などに出ることを考えると白ベースが無難でしょう。

ちなみに素材は綿100%が最も清潔感があるのですが、一方でシワや汚れになりやすいという弱点もあります。
だらしなく綿を着るくらいなら、形状記憶ワイシャツを着た方が良いでしょう

形状記憶ワイシャツは機能的過ぎて、ちょっと安っぽい印象があるかもしれませんが…
パリっとした形状記憶ワイシャツを着た方が印象は良いものです。

デザイン面では、ボタンダウンのワイシャツという選択肢もあります。
ややカジュアルなイメージがあり、ノーネクタイのときによく使われるワイシャツですが、ボタンをきっちり止めてシワなく着こなせばビジネスシーンでも通用します。
ピンホールスタイルのシャツならさらにスマートに見えるでしょう。

また、言うまでもありませんが、スーツでさえ毎日色柄を変えるくらいなので、ワイシャツを毎日着替えるのは当然です。
冬場だとそれほど汗もかかないので、同じワイシャツを繰り返し着る人もいますが、特に夏場は毎日替えましょう。

「毎日着替える」というのは、洗濯してアイロンがかかっているものを着るということです。
そのため、ある程度の点数を持っていなければなりませんね。

形状記憶ワイシャツは、アイロンをかけなくてもシワにならないというものですが、洗いっぱなしではやはりシワっぽくなることがあります…
そこで少なくとも胸元や襟など、目立つところにはアイロンをかけた方が良いでしょう。

もちろん、アイロンや洗濯が面倒だという人は、クリーニングを利用すれば問題ありません。




Sponsored Links


夏場の「ワイシャツ」で注意すること



夏場にワイシャツを着るとき注意しなければならないのは下着です。
白っぽいワイシャツが基本となるので、下着がどうしても透けて見えますからね。

当然、普段着の柄物や色物のシャツはNGです…
基本的には、真っ白な半袖Tシャツにしておけば問題はないでしょう。

他にも夏場はランニングシャツ(タンクトップ)を着ている人もいますが、これもあまりおすすめはしません…
そもそも「ランニング」という言葉からわかるように、これはスポーツ用シャツの流れを汲むもので、同じく「タンクトップ」という言葉もスポーツに関係しているのです。

そのため、ランニングもタンクトップ発汗のために肌の露出を多く取っています。
ですので夏場に涼しいわけですが、ビジネスシーンにはこのようなスポーツアイテムはあまり適さないのです。
やはり、真っ白な半袖Tシャツが印象的にも無難なのでしょう。

また、他に注意する点としては、ワイシャツはスーツと違って、止めるべきボタンはちゃんと止めること…
特に袖のボタンは忘れやすいので注意しましょう。
ボタンダウンのシャツのボタンを止め忘れていないかも確認が必要です。

加えて、スーツの場合でもそうですが、ワイシャツを着た時に胸ポケットに筆記用具など入れない方が良いでしょう。
ワイシャツの場合は特に、重い物を入れると胸元がたるんでシワができ見苦しくなります。

こういった基本的な着こなしができているかどうかで、ビジネスマンの評価が変わってくることも十分にあるのです。
夏場になり「ワイシャツ」が目立つ季節だからこそ、こういった部分は気をつけたいものですね。




Sponsored Links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る