職場の口うるさい上司とコミュニケーションの取り方教えます
919 ❤

どのような職場にもいるのが口うるさい上司です。
「この人さえいなければ働きやすい会社なのになぁ…」と考えたことがある人も多いのではないでしょうか。

しかしだからと言って、落ち込んでばかりもいられません。
自分の仕事をやり易くするためにも、そんな口うるさい上司とコミュニケーションを取る方法を考えましょう。


職場の口うるさい上司とコミュニケーションを築く必要性


761
どんな職場にも口うるさい上司というものはいます。
そんな人がいないと社内がピリッとしないということもあるからです。

ただ、中にはそのような上司とどうしてもコミュニケーションが上手く取れず、転職をした人もいるでしょう。
しかし転職をするのは最終手段であり、まずやらなければならないのは、そのような上司と上手くコミュニケーションがとれるように努力することなのです。

何がきっかけで突然仲良くできるようになるかはわからないものです。
そして、もしそんな上司とコミュニケーションを築けるようになれば、確実にあなたは人として成長します。

さらに口うるさい上司は、あなただけでにも口うるさくしている訳ではないでしょうから、他の人も同様の印象を受けているかと思われます。
すると、もしあなたがそんな上司とコミュニケーションを築くことができれば、その上司はあなた以外に仲間がいなくなります。

そして仕事はチームワークが大切ですので、結局、大事な仕事はあなたに回って来るようにもなるのです。
そうなればあなたが職場で大きな仕事をしたり、出世の近道にもなるでしょう。

ビジネスにおいて参入障壁が高ければ高いほど、他社の参入を防ぐことができます。
これと同様に口うるさい上司とコミュニケーションを築き、一度懐(ふところ)に入ってしまえば、他の人が入ってくる可能性が低いためにあなたの出世や大きな仕事を得る素晴らしい市場となるのです。

そういった先のことまで見越した際に、たとえ日頃から口うるさいと感じる上司であっても、コミュニケーションを築いておいた損が無いことが分かるかと思います。




Sponsored Links


職場の口うるさい上司とコミュニケーションの取り方


762
さて、そんな口うるさい上司とどのようにコミュニケーションを取れば良いのか?…
ここが問題です。

まず初めに調べておきたいのが、口うるさい上司の趣味や特技です。
相手の懐(ふところ)に入っていく材料をまず集めるようにしましょう。

コミュニケーションを深めていくためには、相手の話に合わせていくことが大事です。

ですので、たとえ趣味や特技が自分の全く興味がないことであったり知らないことであったりしても、それについて勉強し基本的なことぐらいは話ができるようにしておくことが大切です。
また知らないのであれば、「興味があるので教えてください」というスタンスで聞けば、その上司も話をしてくれるでしょう。

職場での社内営業とはそういうことです。
話が合う人に対して冷たい態度や行動は取りにくいものです。

また、もし何か失敗をしてしまって叱られた時の態度にも気をつけておきましょう。
なぜ叱られているのかをしっかりと考えることが重要です。

ただひたすら謝るような態度は、逆に相手に火をつけてしまいやすいものです。
叱られている内容について、具体的にこれからはどう対応するのかなど突っ込んだ話にもっていくスキルを身に付けましょう。

また、口うるさい人は自分にかなりの自信を持っている傾向があります。
部下と歳が離れていたりすると、自分の若い頃はもっと頑張っていたなどと小言をついつい言いたくなるものです。

心の中ではあなたの頃とは時代が違うと思っていても、昔はどのくらい大変だったのですかなど興味を持って話を聞いているそぶりを見せるのも効果的です。

つまり叱られた時にもしっかりと反省し、小言に耳を傾けているな…と感じさせることが大切なのです。
そういった部下には上司も本当に教えてやろうと感じますし、可愛がられればちょっとミスも大目に見てもらうこともあるでしょう。




Sponsored Links


まとめ


763
職場では様々な人間関係のトラブルがありますが、臨機応変に対応し乗り切る力が必要だと言えるでしょう。

世の中には色々な人がいます…
当然、合わないと感じる人もいるのです。

しかし、それは職場の上司と部下という関係だったからこそ合わなかったというだけで、ひょっとすると立場が逆だったり、違う会社の得意先と営業先という関係であったならば、違っていたかも知れません。

あなたがいつも見ている上司の姿はその人の一面に過ぎないということも覚えておきましょう。

そのような見方をするとそんな上司の良い所もあるでしょうし、そういった所を見つける目を磨いていくこともエッジの効いたビジネスマンに必要なスキルなのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る