デキる男は知っている…IPO株の賢い売り方・買い方の極意!
724 ❤

Initial Public Offering…
IPO株の賢い売り方や買い方を知らないと、他とは違うエッジの効いたビジネスマンとは言えないでしょう。

そもそもIPO株を買ったりする理由は、これから新規上場する企業の株を抽選で手に入れて、初値で株を売って利益を出すことが目的です。
そのため手が必要である事や中々抽選に当たらないなどの誰でも簡単に成功するものではありませんが、それでも多くの人が利益を上げている投資手法でもあります。

けれども一番大事なのはIPO株の賢い売り方・買い方を知っていること…
エッジの効いたビジネスマンであれば、ここはおさえておきたいポイントです。


IPO株の買い方


606
ipo株の買い方は二通りあります。
ひとつは新規公開前に主幹事証券が実施する抽選に応募する方法で、もうひとつは新規公開後に株式市場で買う方法です。

IPOで利益を狙うのであれば、抽選に応募する方法が最適です。
見事当選すれば上場して初値が付く前に公募価格で手に入れることができ、高い確率で公募価格以上の初値が付く株式市場で売り抜けることで簡単に利益を出せるのです。
逆に、株式市場で買うことになると割高な価格になりがちなのです。

まず複数の証券会社で取引口座を開設しておきましょう。
注目のipo株がどの証券会社を主幹事証券とするかは分かりません。あらかじめ取引口座を用意しておけば、募集が始まったときに真っ先に応募することが出来るのです。

応募時には、主幹事証券が指定する価格の範囲内で希望価格を申告できます。
この価格は上限価格を申告しておくべきです。
IPO案件は人気が高く応募者が殺到するため、上限価格で申告することが重要なのです。




Sponsored Links


IPO株の売り方


605
ipo株を入手できただけではまだ利益を得ていません。
株式取引は、売却してから利益が確定するのです。
せっかく入手できたipo株の売り方を間違わないように注意しましょう。

売り時として最適なタイミングは、初値が付いたタイミングです。
IPO案件は株式市場において過熱感が高く、買い手が殺到してなかなか寄りつかないうちにどんどん初値が押し上げられていきます。

公募価格を超えることが当たり前のようになっているため、新規公開前の抽選で買えていればほぼ確実に利益を上げられるのです。
公募価格を超えて寄りついたら、欲を出さずにその時点で売却してしまいましょう。

初値を付けたあとに株価が上がり続けることも珍しくありませんが、常に上昇するのではなく乱高下しがちです。
このタイミングで売却しようとしても市場に翻弄され、結果として時間を無駄にするだけでなく利益額も減ってしまいます。
欲を出さずに、初値で売却するのが賢い売り方なのです。




Sponsored Links


まとめ


608
ipo株は、公募価格で入手できれば予測が難しい株式市場において高い確率で利益を上げることが出来る数少ない手段です。
しかし、投資家であれば誰もがIPO案件を狙っているため、競争率は高く運に恵まれなければ当選することは難しいのです。
それだけに、賢い買い方を知っておき、万全の準備を整えて抽選に臨むことが大事です。

運良く公募価格で手に入れられても、まだ利益は確定していません。
売却タイミングを逃すとせっかくの利益を失ってしまうため、初値で売ってしまうことを肝に銘じておきましょう。

株式投資において全ての値幅を取ることは不可能なので、公募価格から押し上げられた初値で売却し、利益を確実に得ることが賢い売り方なのです。
IPO案件は投資家にとってのボーナスのようなもので、正しい買い方と売り方をマスターしておけば高確率で利益が出ます。
案件を逃さないように、常にアンテナを張り巡らせチャンスを逃さないようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る