男性は育休が取れない…どんな雰囲気でも出世に影響せずに育休を取る方法
448 ❤

男性は育休…
育休議員の不倫騒動で話題も下火になってしまったようにも感じます。

議員だけでなくビジネスマンも男性は育休が取れない雰囲気が合ったりします。
そこでどんな雰囲気でも出世に影響せずに育休を取る方法について考えてみましょう。


男性が育休を取れない理由


1320
時代の流れは大きく変化していますが、その変化は育児に対しても大きな影響を与えています。
戦後日本では、育児は女性がする物という考え方でした。

そのため、育休を取るにしても女性がとるのが当たり前でした。
ですが、育児に対して男性が参加するようになりました。その結果、男性でも育児休暇を取るのが普通となって来たのです。

ですが、制度的には育児休暇を取れるとしても現実には取れないことが意外と多いのです。
育児休暇が取れない理由を3つ挙げるとすれば、一つ目は業務に穴が空くからです。
一人抜けるとそこを埋めるのが大変なのが一般的な企業の実態になります。

二つ目は、経済的な負担となるからです。育児休暇中は給料のおよそ半分しか出ませんので自ずと生活が苦しくなります。

三つ目は上司の理解がないことです。
特に50過ぎた上司は子育てを経験していないことが多く、理解に苦しむのも無理はありません。
かといって無理を通すと出世に影響します。




Sponsored Links


男性が育休を取れない雰囲気でも育休を取る方法


1318
いくら男性の育児休暇が認められるような風潮になったからと言って実態としてはなかなか認められていないのが現状ですが、そんな育児休暇を取ることが難しい雰囲気の中でも育児休暇を取る方法はないでしょうか。
育児休暇を取るためにはその重要性を説明することです。

育児休暇が必要な理由が認められないのは、育児休暇の重要性がわかっていない独身者が多い会社なのか、それとも既婚で子供はいるけども、育児休暇とは無縁の世代が多いのかのどちらかになるはずです。
このどちらの世代にも共通しているのは育児休暇を取らせたくないのではなく、取らせる意味がわかっていないのです。

そこで、育児休暇が自分になぜ必要なのかを時間をかけて説得をする必要があります。
突然来月から育児休暇を取らせてくれと言えばそれこそ取れたとしても将来の出世に影響しますが、しっかりと理由があれば問題ないのではないでしょうか。




Sponsored Links


まとめ


1321
育児休暇を男性が取るようになって来ていますが、まだ社会全体ではそれもマイノリティな立場です。
育児休暇がなかなか取れない理由として挙げられるのは、一つ目は業務に穴が空くこと、二つ目は経済的な負担になること、三つ目は上司の理解がないことです。
これらの理由がありながら、無理矢理育児休暇を取ろうとすると出世に影響をしてしまいます。

そこで、無理矢理育児休暇を取るのではなく、育児休暇が取れなさそうな雰囲気の中でも出世に影響せず育児休暇を取るとすれば、なぜ自分には育児休暇が必要かを時間をかけて説得する必要があります。

そもそも、会社の育児休暇を取らない方がいいと考えている上司や周りの人は絶対に育児休暇を否定しているわけではなく、なぜわざわざ育児休暇を取る必要があるのかわからないだけです。
そうだとすれば、その理由をしっかりと説明することが出来れば問題ないはずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る