ビジネスで成功している人は顔つきが〇〇になっている?!
135 ❤

世の中にはとても「いい顔」をしている人がいます。
あなたもビジネス上で「いい顔」をしている人に会った事があるかもしれませんね。

ここで言う「いい顔」というのは、「顔立ち」の美醜ではなく、「顔つき」のことです。
それはどのような顔つきなのでしょうか?…

仕事ができない人は、たいてい「柔和」な顔つきをしているものです。
それは、「自分は仕事ができない」と自覚しているからです。

仕事ができないと、結果を出して周りに認めてもらうことはできません。
残る選択肢としてはたった一つ、「いい人」になるしか社内で生き延びる方法がないので、努力して「いい人」のように振る舞います。

そうなると柔和な顔つき、いかにも争いごとを好まない穏やかな顔つきになってくるものです。
それでは、仕事ができる人、ビジネスで成功する人の顔つきはどのようなものなのでしょうか?…




Sponsored Links


ビジネスで成功する人は顔に表れている?!


仕事ができない人は、「柔和」な顔つきをしている、とお話しました。
それでは逆に仕事ができる人はどんな顔つきをしているのか?…

何ともいえない、「いい面構え」をしているものです。

もちろん、やさしさや穏やかさが不要とはいいません。
ただし、それだけでは絶対的に足らないのは間違いありません。

仕事をする限り、そこには必ず達成すべき目標があります。
また、目標を実現するために他社との競争に打ち勝っていく必要もあります。

障害となるものに立ち向かっていく粘り強さや、失敗にめげずに何度もチャレンジする精神力も必要です。
これらを実現するには、「厳しさ」を持つことが不可欠です。

他人に対してではありません。
自分に対する厳しさです。

あなたはこの「厳しさ」を持っていますか?…
「自分で自分を褒める」ことが大切などという人もいますが、日本の社会というのはもともとが甘く、多くの人が甘えの気持ちを当たり前に持っています。
その甘さに慣れてはいけません。

ひょっとすると、あなたの周りには、ほんのちょっと仕事を片づけただけで、大げさなほど褒めてくれる上司がいるかもしれません。
それを良しとして、その甘さのレベルに合わせて、自分の中にある厳しさのハードルを下げてしまうと、いい仕事はできなくなっていきます。

自分に対する厳しさを保ちながら仕事に臨み、そのうえで自分自身が納得できる水準か、もしくはそれ以上の結果を出して、自己満足を得る。

その瞬間がビジネスパーソンにとって一番の幸せであり、そのうえで周りの人が驚きをもって賞賛してくれたなら、それこそが本来あるべきプロの姿ではないでしょうか。

ビジネスパーソンとして成功したいなら、「厳しさ」は不可欠です。
常に自分で判断し、行動し、自分を律していく厳しさです。

それに反するものに対しては、他人はもちろん、自分自身であっても、厳しく接する態度を持ってください。
「厳しさ」を自分に課していける「厳しさ」が、その人の人となりをいい方向へと導いていきます。
その内面は顔に表れ、自然と「いい顔」をつくっていきます。

穏やかな表情の中にも、厳しさを感じさせる精悍さがある。
これがビジネスパーソンにとってベストの「いい顔」です。

「厳しさ」を伴うこの「いい顔」を目指して、日々精進していきましょう。




Sponsored Links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る