「デルタモデル」による3つの戦略と方向性を選択せよ!
618 ❤

エッジの効いたビジネスマンであれば日々戦略を練ることも仕事ほ一つです。

自社の強みを活かした戦略立案をするとき…
目指すべき企業戦略を再確認したいとき…

デルタモデルによる3つの戦略は有効と言えるでしょう。




Sponsored Links


デルタモデルによる3つの戦略とは?


2255
「デルタモデル」とは、マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院教授のアーノルド·C.ハックスとディーン&カンパニー会長のディーン·L-ワイルド2世が考案したものです。
3つの戦略ポジションをベースに企業の戦略方針の決定を助けるフレームワークのことです。
SWOT分析による分析の結果を併用するとさらに効果的です。

◆システムロックイン戦略:市場を独占状態に
マイクロソフトのWindowsのように、自社の製品やプランドを業界標準(デファクトスタンダード)として確立させる戦略です。
製品を使わざるを得ない状況とし、他社の参入も競争も難しい状態を作り上げます。

◆トータルカスタマー·ソリューション戦略:顧客満足度を最重要視する
特定の顧客の利益や満足度を最優先し、サポートやサービスで他社にない魅力を提供する戦略です。
例としては、ディズニーランドのような大型アミューズメントパークやAmazonのような統合型大規模ECサイトなどが挙げられます。

◆ベストプロダクツ戦略:低コスト生産で勝ち抜く
製品·サービスによる差別化を重視した戦略です製品の品質がすでに良く、さらに生産方法に工夫をこらして量産などによる低コスト化を実現できるケースです。
格安航空会社や100円ショップなどが、その一例です。




Sponsored Links


デルタモデルによる3つの戦略と方向性


2432

ポイントしては、企業が目標とするビジネスの方向性を3つの戦略から選び、SWOT分析と併用して活用すると効果的なフレームワークです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る