人事考課とは?人事考課の意味と考課項目について学ぶ
330 ❤

人事考課という言葉をご存知でしょうか?
意外と知られていませんが、ビジネスマンにとってはとても大事なものなのです。

特に出世を目指すエッジの効いたビジネスマンなら、人事考課がどんなものであるかくらいは覚えておきましょう。




Sponsored Links


人事考課とは?


2999
人事考課は労働者の働きぶりを評価して、昇給、賞与、配置などに結びつけるものです。
考課結果の未達成部分は教育ニーズとして把握できます。

 

人事考課の意味や目的

人事考課とは、一人一人の労働者を職務遂行能力、業務実績、勤務態度などの考課項目に従って、上司が評価し、個人の能力を適正に把握することで、組織の活性化とモラールアップを図ることを目的とするものです。

人事考課は、労働者の「働きぶり」を定期的に把握して、企業への貢献度をチェックし、その結果で昇給·賞与、昇格・昇進などに差をつけたりします。
働きぶりに何の配慮もなく昇給額や賞与額を決めてしまうと、働いても働かなくても同じになり、優秀な労働者のやる気を失いかねません。

人事考課の結果は主に次の人事施策に反映されます。
➀教育訓練・能力開発
➁昇格・昇進・配置
➂昇給・賞与

以前はどちらかといえば➂を主な目的として行われていましたが、現在は➀の能力開発と労働者の働き甲斐に積極的に役立てることを目的としています。
人事考課の結果、会社が期待する能力·技術等に不足する部分が明らかとなれば、その部分を向上させるための能力開発を行い、労働者のレベルアップを図り、その結果を会社の業績向上に結びつけることができます。

 

考課要素と考課項目

人事考課では、労働者のどの面を評価すべきか、という考課要素と考課要素ごとの評価すべき項目が、会社の目的、業種、労働者の職種や役位などにより決められています。
主な考課要素と項目は次のとおりです。

■成績考課
職務の遂行によってどのような成果をあげたのかをみる。
仕事の量質、達成度(業績)、指導育成、正確性、迅速性

■能力考課
職務遂行に必要な知識や技術、管理能力などをみる。業務知識、技術、統率力、交渉力、企画力、判断力、理解力、表現力、コミュニケー
ション能力

■情意考課
結果に至る過程、仕事に取り組む姿勢、やる気、意欲などをみる。
規律性、責任性、協調性、積極性




Sponsored Links


まとめ


3000
人事考課の目的は、人材育成に結びつけることです。
管理職の役割は部下を育成しながら部下の成果によって部門目標を達成することにあり、そのためにも人事考課は非常に重要な仕事だといえます。

このことを認識し、部下の普段の仕事ぶりに関心を持ち、積極的に指導·育成することが必要です。
人事考課の結果、未達成部分は教育ニーズとして把握することができます。

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る