会社での「私用電話」は場所を選べば問題ないはずでは?
162 ❤

仕事後の飲み会の調整で、どうしても今電話をかけたい。
ほんの数分だから問題ないだろう、と勤務中に電話をかけた。

その後、上司から厳重注意を受けた。

そこまで注意を受ける問題なのでしょうか?




Sponsored Links


会社での私用電話は場所を選べば問題ないはず・・・・?


会社の電話を使用して、業務に関係のない話をしている。
内容にもよると思いますが、それが周囲に影響を与えるとしたら・・・・・?

たとえば、病気や事故などの緊急連絡、あるいは残業で帰るのが遅れることを伝える目的であれば、家族との私用電話を許す会社がほとんどでしょう。
しかも、その状況で社の電話を使わせない職場があるとすれば、相当なケチかもしれません。

その一方、友人や恋人と会話をするため、お気に入りのキャバクラ嬢からの営業を受けるために、勤務時間中に電話を取ることは、認めない会社が多くてもムリはありません。
それは勤務中の私語を認めているのと、なんら変わらないからです。

特に接客の仕事で、気軽に私用電話をかけられては、店の信用問題にかかわります。

また、バスの運転手に対し、乗務中にメールをチェックしたという理由で乗務停止処分が出された例もあります。
人の命を預かる仕事であれば、勤務中の私用電話はもってのほかだというわけです。

個人の携帯電話を仕事場に一切持ちこませない職場があるかと思えば、私用電話をかけてよいか否かを従業員それぞれの自律的なモラルに委ねる会社もある
でしょう。
社内規則では禁止されているが、事実上は黙認されている場合もあります。

会社サイドとしても、私用電話を一律に禁じるのでなく、「周囲の気が散る」からなのか「仕事が中断する」からなのか、私用電話を避けるべき理由を明確にすべきです。
そうすれば、従業員が状況に応じて「会社の電話でOK」「オフィスの外でもダメ」などと自主的に判断できるようになります。

私用電話の扱いは、 規則で確認し、わからない場合は上司にひとこと断りを入れましょう。

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る