コンビニやスーパーなどの「レジ前商品」には気をつけるべし!?
358 ❤

たとえばスーパーやコンビニエンスストアなどで、商品を入れたカゴを持ってレジの列に並んでいるとき…
何気なく眺めていたレジ周りの商品を思わずカゴに入れてしまった、という経験はないでしょうか?

買う予定などなかったものを思わず買ってしまう…
そんな魔力が見えないところに潜んでいるのがレジ周りの商品なのです。
もちろん、売る側にしてみれば緻密な販売戦略の一つでもあるのですが…

レジ周りに置いてあるのは、雑誌やガムなどのお菓子、髪留めなどのちょっとしたアクセサリーやサプリメントなどが多いかと思います。
どれもそれほど高価なものではなく予定外の出費をしても、ほとんど痛手にはならないものばかりです。
そこが大きなポイントであり、また落とし穴でもあるのです。

レジに並んでいる買い物客は、買い物が終わってホッとひと安心しています。
いわば緊張感が緩んでいる状態なのです。

そして、そんなときだからこそ、お菓子やアクセサリーのような「必ずしも買わなくてもいいけれど、買ってもかまわない」という商品に意識が向いてしまうのです。

第一、列に並んでいる間というのは手持ち無沙汰で何もすることがありません…
すると間近にあるそういう商品を、ついまじまじと見てしまうものなのです。

それがいかにも「一つくらい買ってもいいか」という、いわば衝動買いに似た感覚を刺激して手を出させてしまうのです。
店はそれを見越し、一通り買い物を終えた客の気持ちを計算し尽くした上でレジ周りの商品を揃えているわけなのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る