彼女との別れを回避する為に必要なこととは?!
18 ❤

恋愛において辛い経験は別れ…ですよね。

相手のことが好きであれば好きであるほど、別れは辛いものとなります。

大好きな彼女に別れを切り出されるのが怖い…
かといって女性の気持ちはわからないので、別れたい、と思わせないようにするにはどうすればいいかわからない…

「別れ」が起こりうる最たる原因は、彼氏が彼女の気持ちを測りきれていない場合は多いのです。

女性の気持ちはわからないから、そんなことを言われても難しい、と思う男性も多いかと思います。

そんな方のためにここでは、女性が別れを選択する根本的な要因とともに、別れを回避するための方法をご紹介します。




Sponsored Links


彼女との別れを回避する為に必要なこととは?!


女性が別れを選択してしまう1つの要因は、「不安」です。

不安というのは「安心」が「不足」している状態のこと。
女性にとっての安心とは「愛されているという実感」です。

この実感がなくなることによって、恋愛そのものが現実的な関係ではなくなります。
そして女性は、より大きな安心を探し求める旅に出るのです。

それを恋愛においては、「別れ」と呼んでいます。

女性がひとたび別れを決断すると、男性の力で再びやり直すということは非常に困難です。
新しい相手がいようがいまいが、その決心を覆すのは、そんなに簡単ではありません。

仮にやり直せたとしたら、それは彼女の決断がまだ揺らいでいたためといえるでしょう。

本当に、心の底から女性が別れを望んだ場合、まずやり直すことは不可能だと考えてください。

そこで、大好きな彼女との別れを防ぐためにあなたにできること。

それはやはり、「不安にさせない」こと。
女性の「愛されているという実感」を常に満たしておくことが大切です。

女性は誰しも心の中に「彼からの愛情」を貯めておくための「安心のグラス」を持っています。
グラスに注がれる水は、「彼からの愛情」。
したがって、水が減ってくると女性は不安になり、満たされていればいるほど、女性は安心し、心が穏やかになります。

つまり、このグラスが空に近づけば近づくほど、別れの可能性は高まるというわけです。

この「安心のグラス」は、3つの要素で構成されています。

・グラスの幅=彼からの愛情を感じ取る力
・グラスの深さ=彼と自分との関係の深さ
・グラスに入っている水の量=彼から受け取った愛情の量

要素は同じでもグラスの形は人によって千差万別。
女性の性格や、その時の状態によって異なります。

3つの要素について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

・グラスの幅=彼からの愛情を感じ取る力

グラスの幅(彼からの愛情を感じ取る力)が広い女性は、注がれる水(愛情)をしっかり受け止める力を持っています。
反対に、この幅が狭いと、愛情をきちんと受け止められず、水がこぼれてしまいます。
幅が狭ければ狭いほど、「彼からどう思われているの」と心配になる可能性が高いということです。

・グラスの深さ=彼と自分との関係の深さ

グラスの深さ(彼と自分との関係の深さ)が深い女性は、男性の愛情が貯まりやすい性質であるといえるでしょう。
グラスが深くなっている分、水(愛情)が貯まっており、簡単には枯渇しないからです。

・グラスに入っている水の量=彼から受け取った愛情の量

グラスに入っている水の量(彼から受け取った愛情の量)が少ないと、すぐに水がなくなってしまい、その結果、安心感がなくなります。

そもそも水(愛情)があってこそのグラス。
グラスだけでは、どんなに美しい輝きを放っても、そのアイデンティティ(用途)を発揮しているとはいえません。

「安心のグラス」という考え方がわかると、不安を解消する(=安心になる)ために何をすればよいのかが見えてきます。

ここで男性にできることは、グラスの形を変えることではありません。

女性が意図的に変えようとすれば変えることはできますが、男性が無理やり、力で形を変えようとすると、グラスはもろく壊れてしまいます。
壊れたら、一巻の終わりです。

男性ができることはただ1つ。
ここに水を注ぐことだけです。
不安になるというのは、水が不足してきている証拠。
彼女が不安を感じる前に、男性が前もって水を注いであげさえすれば、彼女は安心してゆったり過ごすことができるのです。

水の注ぎ方にも注意が必要です。
一気に大量の水をぶちまけてしまうのでは、グラスはその圧力に耐えきれません。

逆に、水滴をぽつんぽつんと落とすような貯め方では、乾燥の速度のほうが勝ってしまい、カラカラになってしまうことがあります。

水がこぼれないように、丁寧に計算しながら常に適量をやさしく注いでください。

愛情もコミュニケーションと一緒で、自分の想いがそのまま伝わることはありません。
伝えようとする努力、そしてその形がまず必要なのです。

まずは、できるだけ早く、彼女の器がどんな形をしているのかを見極めましょう。

あとは、思いやりを持って、心から彼女のことを大切にしてあげれば、きっと彼女はあなたから離れられないようになるでしょう。




Sponsored Links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る