メンズのブランド時計は5万円以下で差が出せる!ビジネスマン必見の10選
7904 ❤

忙しいビジネスマンには欠かせないおしゃれアイテムと言えば「(ブランド)時計」です。

最近はスマホなどでも時間を確認することができますが、やはり打ち合わせや商談などでスマホで時間を確認する…というのはビジネスマナーとしても良いものではありません。
中には腕時計をしていないこと自体がビジネスマナー違反だと考える人もいるでしょう。

また時計は時間を確認するだけのアイテムではなく、その人のセンスや経済力などを示すバロメータでもあったりするのです。
そのため「たかが時計…」と侮るべからずなのです。

とは言え、時計の世界は奥が深く、数千円で買えるものもあれば、数百万から数千万もするものもあり本当にピンキリです。
そこで今回は、他のビジネスマンと差(エッジ)をつけながらも、5万円以下で購入することのできるメンズ時計ブランドをピックアップしてみました。

CABANE de ZUCCA(カバン ド ズッカ)


ファッションデザイナーである小野塚秋良(おのづか あきら)氏が、「日々の食事のようにいつも新鮮で飽きのこない粋な日常着」、そして「着る人の個性を自然に引き出すことのできる」というコンセプトのもと、独特なモチーフを持ったオリジナリティの高い、従来の腕時計への固定観念を打ち破って表現がなされたブランド時計です。

男性なのに、あえてレーディス・ブランドとして名高いZUCCaのメンズ時計を選ぶ辺りにセンスが光ります。
ちなみにZUCCaの「ズッカ」は小野塚氏の「おのZUCCa」が由来です。
この辺りのウンチクもしっかりと覚えておきましょう。
→5万円以下「CABANE de ZUCCA(カバン ド ズッカ)」メンズ時計の一覧

 

TIMEX(タイメックス)


世界80ヶ国以上で展開され、150年以上の歴史を持つ時計ブランドのTIMEX(タイメックス)です。
本社はアメリカのコネチカット州、「一般人でも手に入る時計を作るべきだ」というコンセプトを持つ会社です。

特徴としてはスタイリッシュでありながらもタフであり、またユニークなデザインも魅力的だといえるでしょう。
さらに、リーズナブルな価格のものも多く、世界で初めて光る文字盤(インディグロナイトライト)を世に送り出した会社でもあります。

そのため現在タイメックス社製の時計の実に75%以上が、このインディグロナイトライトが採用されており、歴史の深みを感じるブランドです。
→5万円以下「TIMEX(タイメックス)」メンズ時計の一覧

 

TISSOT(ティソ)


TISSOT(ティソ)は時計大国スイスが誇る品質と信頼の時計ブランドです。
シャルル・ティソ親子により創設されたTISSOT(ティソ)は、現在スウォッチグループの傘下ではありますが、今なお世界160カ国で愛用され、その高い機能と美しいデザインにディティール、さらには特別な素材を組み合わせた精度は高く評価されています。

本場スイスの時計を選ぶなら、会社のロゴにスイス国旗を入れることが許された数少ないブランドのTISSOT(ティソ)がおすすめです。
→5万円以下「TISSOT(ティソ)」メンズ時計の一覧

 

セイコー(SEIKO)


誰もが知る日本を代表する腕時計メーカーのセイコー(SEIKO)です。
その品質や知名度や信頼性は世界レベルで、オリンピックや数々のスポーツ大会にも使用され、熱発電ウオッチやGPSソーラーウオッチなど、毎年のように“世界初”の時計を出している時計メーカーです。

5万円以下であればグランドセイコーまではいかないまでも、機能性とシンプルな美しさを追求する「スピリット」や機械式腕時計ブランド「メカニカル」など、最高品質のセイコーの腕時計を手にすることができます。
→5万円以下「セイコー(SEIKO)」メンズ時計の一覧

 

シチズン(CITIZEN)


腕時計の機械体(ムーブメント)の生産量世界第1位を誇る国内最大手のシチズン(CITIZEN)です。
世界シェアは3割以上で、セイコー(SEIKO)と双璧を成す、誰もが知る実用性と技術力のメーカーです。

現在のシチズングループはクオーツ式が主流で、チタン外装や太陽光発電、電波修正などの最新の技術を駆使した時計を求めるのであればシチズン(CITIZEN)は見過ごすことができません。
→5万円以下「シチズン(CITIZEN)」メンズ時計の一覧

 

オリエント(ORIENT)


セイコーエプソン株式会社の子会社であるオリエント時計です。
シチズンやセイコーと比べて知名度は低いですが、日本の三大腕時計メーカーの1つを誇るメーカーです。

腕時計の製造以外にも、プリンタ部品や水晶振動子、シリコンウェハーの加工などを行っている会社でもあり、機械式時計の分野で高い開発力を持っています。
「国産の時計が良いけど、メジャーなシチズンやセイコーはちょっと…」と感じられる方にはおすすめです。
→5万円以下「オリエント(ORIENT)」メンズ時計の一覧

 

スイスミリタリー(SWISS MILITARY)


スイスミリタリーは名前の通り、「ミリタリー」をテーマにしたスイスのカジュアル腕時計ブランドです。
特にミリタリーには欠かせない「視認性」と「シンプルデザイン」にこだわりがあり、スタンダードライン、スポーツライン、ミリタリーラインの3つのラインがあります。

そのため無骨なミリタリーウォッチが好きな方はもちろん、ミリタリーテイストだけ取り入れた上品なデザインもラインナップされています。
→5万円以下「スイスミリタリー(SWISS MILITARY)」メンズ時計の一覧

 

ツェッペリン(ZEPPELIN)


ドイツ人のフェルディナンド・フォン・ツェッペリン伯爵が開発した硬式飛行船「ZEPPELIN(ツェッペリン)」設計は、当時の“100年は誰も達成できない偉業”と言われていました。
そんな硬式飛行船「ZEPPELIN(ツェッペリン)」をイメージしたクラシカルなデザインとクオリティ第一主義のドイツの信頼が融合したブランドがツェッペリン(ZEPPELIN)です。

現在ではドイツだけでなく、ヨーロッパやアメリカなど世界30か国で販売されているブランドで、時計の機能だけでなく社名までウンチクを語るならツェッペリン(ZEPPELIN)は見逃せません。
→5万円以下「ツェッペリン(ZEPPELIN)」メンズ時計の一覧

 

ISSEI MIYAKE


日本屈指のファッションデザイナーである三宅一生氏のメンズ時計ブランドです。
さすがは三宅一生と思わせるユニークなデザインの時計は、奇抜でありながらも実用性が高く、細部にまでこだわりを感じます。

まさに周りとは違う「エッジの効いた」メンズ時計メンズブランドと言えるでしょう。
→5万円以下「ISSEI MIYAKE」メンズ時計の一覧

 

Orobianco(オロビアンコ)


イタリアミラノの新進ファクトリーブランドのオロビアンコです。
時計のイメージはあまりないブランドですが、オロビアンコは創立者の一人でもあるジャコモ・マリオ・ヴァレンティーニが高級革製品の手作りする職人であったことからも、ベルトの革にもかなりのこだわりがあり、イタリアの職人技術により洗練されたデザインは本物です。

イタリアブランドであまり知られていないオロビアンコの時計も他と差がつけられる時計と言えます。
→5万円以下「Orobianco(オロビアンコ)」メンズ時計の一覧

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る